Edraw Video Button

EdrawMax バージョン更新履歴

EdrawMax Icon 1

ドラッグ&ドロップ操作

テンプレートを利用して、簡単な操作ですぐ作図できる。
EdrawMax Icon 2

高い互換性を保持

ファイルと高い互換性を持って、多様なエクスポート形式に対応。
EdrawMax Icon 3

Visioの代替ソフト

Visioのように280種類以上の図を簡単に作成。コスパも高い。
EdrawMax Icon 4

セキュリティーを保証

データ情報とプライバシーを保護。
1.作図の最適化
①複数のシェープのサイズを一括して設定できるようになります。たとえば、フローチャート全体を選択し、[ホーム>編集>サイズ] に移動して、幅と高さの値を入力すると、フローチャート内のすべてのシェープのサイズが変更されます。
②図形に「塗りつぶしなし」を適用すると、その図形は選択できなくなり、ドラッグできなくなります。これにより、その下のレイヤーの図形を選択・編集しやすくなります。
2.テキスト入力の最適化
①テキストボックスに自動調整モードを追加します。このモードは、テキスト ツールの下のドロップダウン メニューから有効にすることができます。
②数式ツールでキャンバスに挿入された数式はより分かりやすくなります。また、編集中に数式のサイズを変更できるようになります。
③間取り図を作成する時、個々のオブジェクトの寸法を表示または非表示にするオプションが追加されます。
3.その他
①画像や PDFとしてエクスポートする時、グリッド線を表示または非表示するオプションがサポートされるようになります。
②特定のシナリオで接続線の矢印をうまく調整できない問題を解決しました。
1.ロック機能をより便利にするために、[ロック] メニューに [位置ロック] オプションを追加しました。
2.暗い色の背景でも見やすくするために、グリッド線の色を最適化しました。
3.ユーザーは、アバターのドロップダウン メニューでアカウントのステータス、クラウド スペース、カラー スキーム、ソフトウェア アップデートを確認できるようになりました。
4.操作方法を速く把握してもらうために、右側のサイドバーにチュートリアル動画を追加しました。
5.インターフェースの設定をよりパーソナライズできるために、右側のサイドバーの下にメニューを追加しました。
6.業務フロー図を作成する時、コンテキスト メニューで分割線(セパレート)をカンタンに利用できるようになります。
7.いくつかのバクを修復しました。
1.ホーム画面の更新
よりシンプル、より明確、そしてより魅力的なUIになりました。
2.AIホーム画面:
新しい ホーム画面ですべての AI 機能に素早く簡単にアクセスできるようになり、作図がさらに効率的になりました。
3.テンプレートの挿入:
「テンプレートの挿入」機能を使用し、既存の図面ページに新しいテンプレートを直接追加できるようになりました。柔軟性と利便性が向上します。
4.図面種類のカスタマイズ:
よく利用される図の種類を好みに応じてカスタマイズします。特定のニーズに合わせてカスタマイズし、作業を整えます。
5.強化された「新規」メニュー:
強化された「新規」メニューでは、新しい描画を迅速に開始するための幅広いオプションが提供されます。
6.ワンクリックでクラウドにアップロード:
ローカル ファイルをクラウドにアップロードすることがさらに便利になりました。ワンクリックするだけで、いつでもどこでも図を簡単に保存できます。
1.どこでEdrawMax AI 3.0機能を利用できますか?
①ホーム画面のトップバー:AI機能を素早く起動します。
②編集画面の上部にあるAI機能エリア:すべてのAI機能がここに表示されます。
③編集画面の右パネル:ここでAIに指示を出すことができます。
2.ビジネス向けのAI図形描画:
①タイムライン機能:ステップが表示されるようになります。
②リーンキャンバス(BMC):創業者や起業家が自社の製品やサービスをより深く理解できるようにサポートします。
③外部市場環境を分析するのに役立ちます。
④SWOT分析:自社の長所と短所を評価し、機会やリスクを見つけるのを支援します。
⑤ペルソナ作成:対象ユーザーをより正確に理解できるようにサポートします。
⑥ユーザーストーリー:ユーザーの活用シーンと、目的、体験を素早くできるようにサポートします。
3.AI分析 :
①フローチャート分析:正確さのチェック、詳細の説明、フローチャートの最適化
②ガントチャート分析:プロジェクトの概要、進捗状況、リスクの識別、プロジェクトの経験共有
③チャート分析:データの比較、異常の識別、まとめ、トレンドの予測
組織図分析:組織の分析、組織問題の診断
4.AI Q&A:
①続く会話:AIは対談の内容を覚えながら次の質問に答えます。
②テキストから画像生成:テキスト回答は、ワンクリックで画像生成できるようになります。
5.AI 画像生成:
①AI画像生成 :テキストを入力して画像を生成し、さまざまな絵画スタイルから選択できます。
②画像のスタイル変更:既存の画像を異なるスタイルに変更します。
1.画面サイズの変更の最適化:
①画面全体のズームを変更する方法:【ホーム】→オプション→ディフォルト→ディフォルトのサイズを変更→ズーム比率
②編集画面のズームを変更する方法:【編集ページ】デザイン→ページ設定→右下隅の展開ウィンドウボタン
2.インポート・エクスポートの最適化:
①PDFのエクスポートを最適化:ドロップダウンメニューからチェックを入れて、選択されたページをカンタンにエクスポートできます。
②VSDファイルのエクスポートを最適化: エクスポートされたVSDファイルでは、コネクタの線がずれた不具合と文字が消えた不具合を修復しました。
③EPS/SVGのエクスポートを最適化: EPS/SVGとしてエクスポートされた時、プログラムがクラッシュした不具合や図形が消えた不具合を修復しました。
3.その他:
①地図をドラッグインした時の動作が重い問題と、右側パネルでの地図の色塗りが反映されない問題を修復しました。
②間取り図の面積単位を「㎡」に変更しました。
③ポップアップが短時間で複数回表示される問題を修復しました。
1.Eチャート機能の最適化 :
①ポップアップウィンドウのサイズを最適化しました。
②高解像度のポップアップウィンドウに適応しました。
2.ボタンが反応しない不具合を修正しました。
1.Edraw AI 2.0:トップメニューのEdraw AIを通じてAI機能にアクセスできます。キャンバスの右下にあるEdraw AIフローティングボールでも素早くアクセスできます。
2.AI Q&A: 質問に対して回答と説明を生成します。
3.AI描画: シンプルなコマンドでフローチャート、マインドマップ、リスト、テーブルを生成します。AIライティング: 段落の拡張や短縮、文章の磨きや分割、トーンの変更、翻訳の支援を行います。
4.ワンクリック編集:ワンクリック統一設定:スタイル、フォント、色、段落の設定をワンクリックでダイアグラム全体に統一します。
5.スマート分析:デザイン上の問題を検出し、フォント、配置、色、画像サイズなどの問題に対して自動的に最適化を提供します。
6.Apache ECharts 可視化図表ライブラリ:「挿入 > プラグイン > Apache Echart」または「挿入 > チャート > Apache Echarts」をクリックして、さまざまなチャートを探索してください。
7.数式エディター:数式エディタのUIを改善し、ユーザーエクスペリエンスを向上させました。LaTeXの数式入力とMathMLへの変換に対応しました。画像から数式のテキストを抽出するためのOCR認識をサポートしました。
8.OLE埋め込みオブジェクト:Officeソフトウェアの「挿入」>「オブジェクト」>「Edraw.Document」オプションを使用して、Edrawダイアグラムソフトを開いて編集することができます。編集されたファイルは、直接第三者ソフトウェアの編集ページに埋め込むことができます。図形をダブルクリックするとEdrawMaxソフトウェアが開き、ソフトウェア間を切り替える必要がなくなり、複数の修正にかかる時間を節約できます。
9.新しい図形タイプ、記号、テンプレート:犯罪現場画像: 調査員は提供されたテンプレートと記号を使用して、犯罪現場の視覚的な表現を作成することができます。この機能にアクセスするには、「新規作成」>「フロアプラン」>「犯罪現場画像」をクリックしてアクセスします。ArchiMate: このダイアグラムは、ビジネス領域内および跨業務領域でのアーキテクチャの説明、分析、可視化に使用します。「新規作成」>「ソフトウェアとデータベース」>「ソフトウェア開発」>「ArchiMate」をクリックしてアクセスできます。
10.プラグイン: iconfont: アリババの巨大なアイコンライブラリ
Pixabay: 高品質な画像素材ライブラリ
11.CADファイルのインポート: CADの基底構造を再構築して、より良い体験を提供します。CADファイルの一括インポートをサポートしました。ユーザーは複数のファイルを選択して一括でインポートすることができます。
12.画像にフレームを追加: PID配管記号 柔軟なストレッチとスプライシング機能を備えた、調整可能なマルチノードPID配管システム記号。
13.ガントチャート、記号検索、図形整列補助、画像のエクスポート機能などを最適化しました。間取りの記号、矢印の記号、地図などの新しいリソースが追加されました。
1.スイムレーンの固定をサポートしました。スイムレーンが長い場合、【ウィンドウ枠の固定】を使って、スイムレーンの先頭行/列を表示したままで、他の部分をスクロールできます。
2.タイムライン上の各マイルストーンの間隔を調整をサポートしました。タイムライン上のマイルストーンにマウスを乗せると、ポイントが大きくなり、自由にドラッグして各マイルストーンの距離を調整することができます。
3.ハイパーリンク挿入後のハイパーリンクメニュー展開時に、リンク先アドレスの表示をサポートしました。
4.スライドビューでハイパーリンクを追加して開くことをサポートしました。
5.コメント挿入時のフォントが、システムで設定されたフォントと一致しない不具合を修正しました。
6.テキストボックスの調整時にテキストが適応される不具合を修正しました。
7.作図時にミニツールバーが図形に重なってしまう不具合を修正しました。
8.組織図のレイアウトプレビューと実際の表示が一致しない不具合を修正しました。
9.ガントチャートの「今日のライン」が異常に表示される不具合を修正しました。
1.円グラフに値や文字が表示されるようになりました。
2.アスペクト比4:3、16:9のスライドを書き出すことができます。
3.図形ライブラリのUIを更新しました。
・新しいライブラリの作成、ライブラリの展開、折りたたみ、クローズができるようになりました。
・どの図形が選択されているかはパネルで確認できます。
4.形状調整時に扇形の角度を表示することに対応しました。
5.使用頻度の低いショートカットをメニューから削除しました。
6.外部ファイルを読み込むと、ページの順番がおかしくなる不具合を修正しました。
7.PDF書き出し時に一部の記号が消える不具合を修正しました。
1.キャンバス下部のあるページを選択し、右クリックで「他のドキュメントに移動」を選択すると、クイックコピーができます。
2.複数のページを持つ描画ファイルの場合、個々のページを新規ファイルとして保存することも可能です。
3.ユーザーからのフィードバックにより、数式エディター、ガントチャート、組織図の問題を修正しました。
1. 新機能:「ファイル」>「オプション」>「初期設定」を選択すると、描画ページのデフォルトの測定単位と精度を設定できます。
2. 新機能:黄色い菱形のカーソルがついているものは調整可能な変数記号で、カーソルをドラッグして自由に形状を変更できるようになりました。
3. 新機能:EdrawMaxでUMLシーケンス図のビデオチュートリアルが追加されました。
4. 最適化:ユーザーガイドとヘルプセンターが再構築されました。
5.最適化:フォントライブラリのUIを再デザインいたします。フォント検索にキーワードマッチ検索機能が追加されました。
1.新機能:右クリックメニューに「ページ区切り線」のオプションが追加されました。
2.既知の不具合を修正しました。
1.新しいテーマ:すりガラス効果に対応し、テーマの透明度を調整できるようになりました。
2.新機能:キャンバスを拡大した後、スペースキーまたはマウスの中ボタンを押しながら、キャンバスを直接ドラッグすることができます。
3.新機能:印刷前にターゲット形状を選択し、選択した形状をカスタム印刷することができます。
4.新機能:個人用クラウドドキュメントにリンクするハイパーリンクを追加することができます。
5.新機能:ドラッグやファイルのアップロードにより、組織図の写真をワンクリックで入れ替えられるようになりました。
6.グラフとチャート用フローティングツールバーの最適化:機能の分類と位置を調整し、軸を任意での表示・非表示できるようにしました。
7.最適化:フローチャートで判断図形を使用する場合、接続線をドラッグすると自動的に判断結果が表示されます。
8.最適化:カスタム図形ライブラリとテンプレートを個人クラウドへ保存と同期できます。
1.複数の図形を選択した場合、フローティングツールバーの新機能「選択」によって、全てのコネクタ、全ての図形、全てのテキストなどを個別に選択できるようになりました。
2.フローティングツールバーで書式のコピー/貼り付け機能を追加しました。
3.組織図機能にデータソーステンプレートが追加され、写真の非表示に対応しました。
4.図形ライブラリの一部図形の追加と最適化。
5. VSDX、DOCX、SVGなどのファイル形式のインポートを改善しました。
6. 既知の不具合を修正しました。
1.全く新しいUIに刷新し、より簡潔になりました。
新しいUI
2.フローティングツールバーが追加され、図形の近くに簡単にスタイルを設定できるようになり、作図の効率が大幅に向上しました。また、フローティングツールバーの表示/非表示も可能です。
フローティングツールバー
3.トップメニューバーも整理され、各メニューがより分かりやすくなりました。
トップメニューバー
4.より多くの作図スペースを提供するために、右側のサイドバーを非表示にしました。特定の機能を使用すると、対応するサイドバーが呼び出されます。
右側のサイドバー
5.図形ライブラリの分類を最適化して、図形の検索と使用をより便利にします。
図形ライブラリの分類
6.図形をドラッグ&ドロップすると、「マイライブラリ」に追加でき、操作がより便利になります。
マイライブラリに追加
7.いくつかの既知のバグを修正しました。
1.キャンバス上で図形をドラッグするときに、図形の寸法と位置情報を表示できるようになりました。
2.図の最上層に透かしを追加することをサポートします。
3.ガントチャートに現在の日付線を表示できるようになりました。
4.その他の既知の問題を修正しました。
1.新機能:フローティングツールバーを追加して、テーブル(表)の編集はより便利になります。
2.新機能:フローチャートでは、2つのオブジェクトの間に図形を追加・削除すると、自動的に接続されます。
3.新機能:コミュニティからシンボル(記号)テンプレートをダウンロードできます。
4.共有:共有機能を最適化します。
5.クラウド:試用版では100 MBのクラウドストレージを無料で利用できます。
6.いくつか既知の問題を修正しました。
1. 新機能:「新規作成」の右にある「+」をクリックして、よく使われる15種類の図をすばやく作成できます。
2. 新機能:時間帯に応じてライトモードとダークモードを自動的に切り替えることができます。
3. 新機能:図形ライブラリで複数の図形を一度に選択できます。
4. 新機能:フローチャート作成時、コネクタへ図形をドラッグして追加できます。
5. 新機能:日付の挿入と日付形式の調整をサポートします。
6. 新機能:「ファイル回復」、「マイライブラリ」、「個人用テンプレート」のファイル保存場所の変更をサポートします。
7. 一部の機能のショートカットキーを調整しました。
8. EdrawMaxを異常終了して再度起動した後に、「ファイルの回復」ウィンドウが自動的にポップアップ表示されます。
9. MS PowerPoint にコピー&ペーストすると、図や記号の背景が透明になるようにしました。
10. その他の既知の問題を修正しました。
1.ダークモードをサポートします。
2.ソフトの起動速度を大幅に向上させました。
3.100以上の内蔵テンプレートを新しく追加されました。
4.アイコンとクリップアートを挿入できるようになりました。
5.テンプレートギャラリーV2.0にバージョンアップし、検索機能も最適化しました。
6.組織図、プロジェクトタイムライン、カレンダー、ガントチャート、マトリックス等の記号ライブラリを更新しました。
7.新しいロードマップ、ユーザー調査、リスト管理、コース学習のテンプレートを追加しました。
8.組織図の記号に画像を挿入できるようになりました。
9.電気回路図ではポイントの編集をサポートします。
10.F4キーで何度もコマンドを繰り返すことができるようになりました。
1.ダークモードをサポートします。
2.ソフトの起動速度を大幅に向上させました。
3.100以上の内蔵テンプレートを新しく追加されました。
4.アイコンとクリップアートを挿入できるようになりました。
5.テンプレートギャラリーV2.0にバージョンアップし、検索機能も最適化しました。
6.組織図、プロジェクトタイムライン、カレンダー、ガントチャート、マトリックス等の記号ライブラリを更新しました。
7.新しいロードマップ、ユーザー調査、リスト管理、コース学習のテンプレートを追加しました。
8.組織図の記号に画像を挿入できるようになりました。
9.電気回路図ではポイントの編集をサポートします。
10.F4キーで何度もコマンドを繰り返すことができるようになりました。
1.コネクタ(接続線)、フォントのデフォルト設定を全体に適用できるように最適化しました。
2.ダブルクリックしてアウトラインテキスト(ベクトルテキスト)を編集できるようになります。
3.ガントチャートでは、複数の文字列を追加できます。
4.画像としてエクスポートする時に、「背景を削除」してエクスポートできます。
5.ネットワークプロキシの設定をサポートします。
1.ドキュメントのバージョン履歴とファイル回復機能を追加しました。
2.ダブルクリックしてアウトラインテキスト(ベクトルテキスト)を編集できるようになります。
3.中央揃えでドキュメントを印刷することができます。
4.選択した図形のみをPDFにエクスポートする設定を追加しました。
5.全画面モードでは、キャンバスのズーム機能を追加しました。
6.組織図では、テキストの折り返し機能をサポートします。
7.最初の画面の左メニューバーには、「アカウント」と「オプション」を追加しました。
8.検索と置換、クラウドファイルの保存プロセス、組織図のカード設定などを最適化しました 。
9.既知のバグを修復しました。
1.ホーム画面が使いやすいUIに刷新「おすすめ」「最近」メニューを追加。より使いやすく進化しました。
2.個人用テンプレート項目を追加。作成したテンプレートを登録出来ます。
3.全画面モードを追加。集中して作業したい時に便利。
4.自動フォーマット・色の一括置換ツールを追加。デザイン性の高いスタイルを自動で生成。また色を一括で置き換えることができます。
5.ガントチャートに例外日を追加出来る様になりました。
6.ヘルプセンターの追加。入門チュートリアル・動画チュートリアルなどで使い方を学べます。またフィードバックにも迅速にアクセスできます。
7.いくつかのバグを修正しました。
1.アンダーフレームワークを最適化し、クラウドとコミュニティのスピードを向上させました。
2.テキストを貼り付ける時、ソースフォーマットを保留するようにできました。
3.複数のファイルを一括で開くことができました。
4.ファイルラベルの右クリックメニューを追加しました。
5.フローチャートの最適パス機能を追加しました。
6.スイムレーンチャートのタイトルとセパレーターを自動的に設定できます。
7.建築設計図では、壁仕切りの寸法が操作中にリアルタイムで表示します。
8.間取り図には自動的に面積を計算できる図形を追加しました。
9.複数選択するときにAltキーを押したままにして、最背面の図形を選択しないようにします。
10.ガントチャートでは、右タスクバーをドラッグするときデータをリアルタイムで表示する機能を追加し、ショートカットキーの操作を最適化しました。
11.組織図の間隔設定を最適化し、ショートカットキー操作を新規追加しました。
12.グラフの軸ラベルが、幅に応じて自動的にテキストの向きを一致することができます。
13.UIの最適化:ホームページで形状を選択してアニメーションを追加できます。画像とガントチャートの右メニューバーのレイアウトを最適化しました。
1.ガントチャートでは行の高さを設定できます。
2.繰り返すモードでページに同じな透かしを多く表示できます。
3.マインドマップではマウスが選択したテーマに移動するとテーマ効果を確認できます。
4.Tabキーでサブトピックをクィック追加できます。
5.オプションは、100%以下のビューでのテキスト編集、図形サイズの自動調整を追加しました。
6.間取り図、キャンバスのズーム機能、トップラベルとボトルラベルの操作を最適化しました。
7.いくつかのバッグを修復しました。
機能の最適化:
1.自在曲線を再追加しました 。
2.マインドマップのテーマを更新しました。
3.建築設計テンプレートでサイズの表示を最適化します。
4.ホームメニューのレイアウトを最適化します。
5.ガントチャートの優先順位のスタイルを最適化します。
6.テーマを最適化します。
7.いくつかのバッグを修正しました。
新機能追加:
1.リンク共有でファイルが閲覧可能か編集可能かの権限を設定できるようになりました。
2.エクスポートする画像の解像度を記憶する機能を追加しました。
3.カラーバーに「線+塗りつぶし」と「文字」の色を調整できるようになりました。
機能の最適化:
1.自在曲線を再追加しました 。
2.マインドマップのテーマを更新しました。
3.建築設計テンプレートでサイズの表示を最適化します。
4.ホームメニューのレイアウトを最適化します。
5.ガントチャートの優先順位のスタイルを最適化します。
6.テーマを最適化します。
7.いくつかのバッグを修正しました。
新機能追加:
1.リンク共有でファイルが閲覧可能か編集可能かの権限を設定できるようになりました。
2.エクスポートする画像の解像度を記憶する機能を追加しました。
3.カラーバーに「線+塗りつぶし」と「文字」の色を調整できるようになりました。
1.スライドショー機能を追加しました。
2.組織図を最適化しました
3.タイムラインの入口をわかりやすく改善させました。
4.タイムラインのテンプレートを2つ追加しました。
5.スペース+マウスでキャンバスをドラッグできるようになりました。
6.ファイルのインポートとエクスポートを最適化しました。
7.ソフトの起動と終了を最適化しました。
8.テンプレートを検索できるようになりました。
9.いくつかのバッグを修復しました。
1.タイムライン機能を追加しました。
2.マップモジュールを削除します。
3.基本的なフローチャート接続線が自動的に分割できるようになりました。
4.いくつかの既知のバグを修正して、ソフトのパフォーマンスを向上させました。
1.コミュニティのようなテンプレートギャラリーを新規登場して、インスピレーションをより簡単に得ることができます。
2.Edrawアカウントに登録/ログインして、ファイルを個人クラウドに保存できます。
3.初心者向けのユーザーガイドを追加して、EdrawMaxをすぐに使用する方法を学びましょう。
4.フローチャート、マインドマップ、組織図などを作成するとき、またはスマートシェイプの使用するときに、操作のヒントを追加しました。
5.図形ライブラリ:VSSXファイル形式で形状をインポートできるようになりました。
6.テーマとスタイル:新しいテーマを追加し、インターフェイスの下部で形状の塗りつぶしの色を変更できました。
7.テーマとスタイル:図全体のクイックスタイルを変更する場合、以前にサイズを変更したことがあれば、テキストのフォントサイズは影響を受けません。
8.テーマとスタイル:接続ポイントのスタイルを変更できるようになりました。
9.インターフェイスにコンテキストメニューを変更しないように設定できます。
10.空きのところをダブルクリックして、キャンバスにテキストボックスを追加します。
11.数式エディタを追加しました。
12.デスクトップ版とオンライン版のEdrawMaxの間でコンテンツをコピーして貼り付けることができます。
13.形状のデータをエクスポート可能でした。
14.キャンバスを10%から1000%にズームできます。
15.ガントチャート:遅延タスクとクリティカルパスを表示する機能を追加しました。
16.ガントチャート:すべてのサブタスクを表示または非表示にすることができます。
17.特定の状況で発生するクラッシュの問題を修正しました。
18.細かい部分を改善し、全体的な安定性とパフォーマンスを向上させました。
1.パスワード保護:ファイル暗号化機能を追加しました。
2.図形ライブラリのカスタマイズが可能でした。
3.スイムレーン図改善:吸着機能を追加し、枠線色も変更できようになりました。
4.画像の挿入:複数の画像を選択して、ファイルに挿入できます。
5.コンテナー機能改善:コンテナーに図形を追加する場合は、コンテナーの枠線が緑色になりました。
6.画像コンテナ機能を追加しました。
7.ドキュメント切り替え時に図形ライブラリの状態を記憶する機能を追加しました。
8.チャートのX軸にあるテキストが任意の角度で回転できるようになりました。
9.10種類のテーマ色を追加しました。
10.印刷機能改善:ネットワークプリンターに接続できないときにソフトウェアの起動が非常に遅いという問題を修正しました。
11.特定の状況で発生するいくつかのバグとクラッシュの問題を修正します。
12.多くの細部を修正と改善しました。
1.マインドマップは、画像の挿入、図形の置換機能を追加しました。
2.ファイルのタブをドラッグして位置を変更する機能を追加しました。
3.部門連係フローチャートの操作を最適化しました。
4.接続状態の表示、クリック、移動などの基本操作を最適化しました。
5.いくつかのバグを修復して、全体的な安定性とパフォーマンスを向上させました。
1.ショートカットキーのカスタマイズをサポートできました。
2.「科学と教育」カテゴリーの中で、Genogramとそのテンプレートを追加しました。
3.色パネルに最近使用した色を表示するようにしました。
4.フォントパネルに最近使用したフォントを表示ようにしました。
5.Excel表のデータをCSV形式でインポートとエクスポートできるようになりました。
6.図形ステンシルでの検索精度を向上させました。
7.ステンシルで図形名を表示するようになりました。
8.ガントチャートでのハイパーリンク表示の問題を修正しました。
9.細かい部分を改善し、全体的な安定性とパフォーマンスを向上させました。
1.ショートカットキーのカスタマイズをできるようになりました。
2.色パネルに最近使用した色を表示するようにしました。
3.フォントパネルに最近使用したフォントを表示ようにしました。
4.Excel表のデータをCSV形式でインポートとエクスポートできるようになりました。
5.図形ステンシルでの検索精度を向上させました。
1.図形検索機能を最適化しました。
2.マインドマップでは図形、ブランチをカスタマイズできるようになりました。
3.テキストを曲線のように並べることができます。
4.電気回路図や化学方程式などの新しいテンプレートを追加しました。
5.いくつかのバグを修正し、全体的な安定性とパフォーマンスを向上させました。
1.最新のUIは、以前のバージョンと比較してかなり改善されています。
2.新しいフローティングボタンにより、フローチャートをより簡単に作成できます。
3.Excelファイルをシームレスにインポート/エクスポートできます。
4.好きなようにスマートな形状を作成できます。
5.フロアプラン:新しい機能により、壁のデザインがより柔軟になります。
6.マインドマップ:新しいテーマ、アイコン、プロセスステップで最適化します。
7.新機能:コンテナー(ページ上の論理的に関連する図形を視覚的にグループ化する特別な図形)を作成できます。
8.ドキュメントを定義されたページ範囲ごとに複数のPDFファイルにエクスポートできます。
9.分析キャンバス、ファンネル図、ロードマップ、カスタマージャーニーマップ、カレンダー計画、目標設定ワークシートなどの新しいタイプの図形を追加しました。
10.デフォルトの青色のほか、紫や灰色の新しいUIカラーテーマを追加しました。
11.コネクタの吸着、スイッチなどの機能を追加して、フローチャートをより速く作成できます。
12.ショートカット"F8" を追加して、ツールバーを最適化します。
13.新機能: フォーマットのコピーと貼り付け を追加しました。
14.変更したファイルを保存するのを忘れない提示を追加します。
15.マウスの位置を中心に拡大/縮小を選択できます。
16.画像のエクスポート機能を最適化し、余白を削除できます。
17.複数のライブラリーを同時に折りたたむ/展開することができます。
18.ファイルの検索、オープン、保存、コピーを高速化します。
19. Visioファイルとの互換性を改善しました。
20.すべてのアイテムがフロアプランに組み込まれるパフォーマンスを改善しました。
21.クイックアクセスツールバーをカスタマイズして保存できます。
22.保存するファイルを画像の品質を向上させました。
23. A4用紙の印刷品質を向上させました。