edraw-max-horizontal
作図ツール
活用教室
製品ツアー
製品最新情報
無料体験
購入

インフォグラフィックに地図の使い

> Infographic HowTos > インフォグラフィックに地図の使い
edraw編集者
編集者: Edraw | 2020/06/04
地図は、データや情報を可視化するためにインフォグラフィックデザイナーの愛用のツールです。なぜ地図はインフォグラフィックデザインに良く見られるのでしょうか?この記事でインフォグラフィックに地図の使いからその原因を検討します。

インフォグラフィックと地図

インフォグラフィックとは、文字の代わりに、情報をグラフィック、チャートやグラフ、地図など可視化の要素で複雑で膨大なデータをわかりやすいように表現するためのツールです。

地図とは、地球表面の状況を縮小して、特別な記号や図形で平面上に表現したものです。

前述のことから見ると、インフォグラフィックと地図、両方の相通点は、情報をグラフィックで示し、可視化にすることにあります。地図の使いは、インフォグラフィックにおける地域、国家、世界などに関連する情報を簡単に伝達するのに役立ちます。そのため、地図はインフォグラフィックデザインに愛用されることは錦の上に花を添えるように、当然なことではないでしょうか。

インフォグラフィックと地図

インフォグラフィックに地図の使い

旅行案内、調査レポート、ビジネスマーケティング、世界知識紹介、人口比較、地域比較などトピックにかかわるインフォグラフィックには、地図の使いがよく見られます。まとめて言えば、以下の2つの種類があると思います。

  • 地図を中心としてのインフォグラフィック
  • この種類のインフォグラフィックはそもそも大きくの地図で、地図の上に簡潔なコンテンツや情報を記載しています。これらの地図インフォグラフィックは、地域、国家、世界などに関連する情報を紹介するためにデザインされることはよくあります。そのうちに、旅行案内、観光地の案内図、地域の紹介、世界知識紹介(雨季、動物、食べ物など)などが含まれます。

  • 地図を補助としてのインフォグラフィック
  • 「地図を補助として」はつまり、ただ地図のアウトラインを介して、表現ツールとして使用されます。例えば、ビジネスマーケティングシェアを説明するために、世界地図のアウトラインに目印をつけて、それぞれのデータや情報を示します。

インフォグラフィックに地図の役割

冒頭で述べたとおり、地図をインフォグラフィックに使うのは、両方が互いに補い合うようになります。で、地図はインフォグラフィックにどんな役割がありますか?地図の使いには何の目的があります?考えてみると、以下の3つのことがあると思います。

  1. 複雑なデータや膨大な情報を簡単に表示します。例えば、「どこが何のことがあります」という長い文字を地図に対応の位置に目印をつけて、説明の単語で簡単に表示できます。
  2. 視覚上には効果です。単なるの言葉や、普通のグラフィックより、地域、国家、世界などに関連する情報を示すのは、やはり、地図の視覚上の効果が良いです。
  3. プレゼンテーションや説明などを助けます。地図を介して、知識や情報の伝達はより簡単で、わかりやしです。一見して全体の把握することができますから。

インフォグラフィック地図の使用事例

以下、Edrawインフォグラフィックソフトウェアで制作されたインフォグラフィック地図の使用事例をいくつか挙げます。具体的にどうやって地図をインフォグラフィックデザインに活用するのか、これらの例をご参照してください。