edraw-max-horizontal
作図ツール
活用教室
製品ツアー
製品最新情報
無料体験
購入

棒グラフ作成ツールEdrawMax

    • 自動的に縦棒グラフを作成
    • 豊富な縦棒グラフ図形
    • ワンクリックでデータを横棒グラフに導入
ビデオを見る

ヒストグラムと棒グラフの違いとは何?

> 基本図 知識 > ヒストグラムと棒グラフの違いとは何?
edraw編集者
編集者: Edraw | 2020/10/14

柱でデータの比較、変化、分布を示す手法であるヒストグラムと棒グラフの違いとは何でしょうか?ここで、その定義、特徴、使い分けからヒストグラムと棒グラフの違いを説明します。

フローチャートを無料で書くならEdrawMax(エドラマックス)

Part 1: ヒストグラムと棒グラフの定義

棒グラフは、プロットされた棒で項目の値を示すグラフです。

ヒストグラムとは、長方形の柱で度数分布を表すグラフの一つで、度数分布図、柱状グラフとも呼ばれます。

定義から見ると、柱(棒)でそれぞれの項目の値を示すのは両方の共通点だと言えます。


Part 2: ヒストグラムと棒グラフの違い

名称
棒グラフ
ヒストグラム
定義
プロットされた棒で項目の値を示すグラフ
長方形の柱で度数分布を表すグラフ
度数分布図、柱状グラフとも呼ばれる
特徴
  • 棒の間に間隔があります。
  • 複数の独立した項目同士のデータを比較します。
  • 棒の間に間隔がありません。
  • x軸はデータ区間で切られて、連続的なスケールでデータの度数分布、変化傾向を示します。

説明図

棒グラフ説明

ヒストグラム説明

活用事例

縦棒グラフテンプレート

ヒストグラムテンプレート
まとめ
棒グラフは棒の高さで各項目のデータを示し、さらに項目間の比較を明らかにします。
ヒストグラムにおいて、X軸をデータ区間で切り、柱の高さでそれぞれの区間の頻率をY軸の度数に対応します。
フローチャートを無料で書くならEdrawMax(エドラマックス)

Part 3: ヒストグラムと棒グラフを使う理由

視覚化の統計手法として、ヒストグラムと棒グラフは、以下のメリットで人気が高まっています。

  • データ分析を容易にします。
  • 複雑な統計やアイデアを簡略化します。
  • プレゼンテーション(レポート、エッセイなど)に面白さを加えます。
  • プレゼンテーションをより魅力的で分かりやすくします。
  • 効果的な情報伝達を強化します。

Part 4: ヒストグラムと棒グラフ作成ソフト

5分間以内ですばらしいチャートとグラフを作成することを考えたことはありますか? ヒストグラム棒グラフを含む200以上の種類の図を生成できる高度な自動ダイアグラムメーカーであるEdrawMaxを使って、今すぐ実現することができます。デザインされたテンプレートから始め、図形をドラッグ&ドロップし、フォーマットをクイック設定し、ワンクリックでPDF、Word、PPT、JPGなどにエクスポートして、プロでわかりやすいチャートとグラフを一気に仕上げます。

チャート作成ソフト

Edraw チャート作成ソフトをダウンロードして、棒グラフとヒストグラムを作成しましょう。

フローチャートを無料で書くならEdrawMax(エドラマックス)

要するに、棒グラフは単なるデータの比較、変化などを表示します。一方で、ヒストグラムによりデータの度数分布を把握できます。ヒストグラムと棒グラフは外観上に似ていて、両方とも統計学に欠かせないデータ分析手段であるけど、絶対違うグラフです。だから、データの特徴、分析目的などをよく考えて、ヒストグラムと棒グラフを使い分けすべきです。


Edraw Max -- All In One の作図ツール
  • 豊富なテンプレートと図形
  • 様々なファイル形式に対応
  • フローチャート、マインドマップ、組織図などを作成
  • Officeライクの操作感覚 初心者もすぐ使える