edraw-max-horizontal
作図ツール
活用教室
製品ツアー
製品最新情報
無料体験
購入

ファイブフォース分析とは何?

> ビジネス 知識 > ファイブフォース分析とは何?
edraw編集者
編集者: Edraw | 2020/07/28
ファイブフォース分析は企業戦略立案、競争分析、ビジネス戦略研究などに役立つモデリングツールです。この記事では、定義、要素、応用、ツールから、5つの力分析を詳しく解説します。

ファイブフォース分析とは何?

ファイブフォース(Five Forces)分析というのは、最初にマイケル・ポーターにより提唱された手法で、5フォース分析、5F分析、5つの力分析などの呼び方もあります。その「5つの力」は、買い手の交渉力、供給企業の交渉力、新規参入業者の脅威、代替品の脅威、競争企業間の敵対関係という5つの要素を指します。5フォース分析はこの5つの要因から、競争戦略をめぐった分析を行い、業界の競争環境を把握するのに役立ちます。

ファイブフォース分析

5つの力について

ファイブフォース分析は買い手の交渉力、供給企業の交渉力、新規参入業者の脅威、代替品の脅威、競争企業間の敵対関係という5つの力から構成されます。マイケル・ポーターにより、この5つの要素は、業界における競争の激しさと収益性のレベルに影響を及ぼす最も重要な力です。ファイブフォース分析をはっきりと理解するには、この5つの力の詳細を明らかにしなければならないです。

供給企業の交渉力

生産業で、労働、部品、およびその他の原料が必要です。「サプライヤー」という用語は、商品やサービスを提供するために必要なインプットのすべての情報源を含みます。この要素は、企業と、製品を作るために使用される原材料を提供する企業との間のバイヤー - サプライヤー関係につながります。供給企業の交渉力が強ければ、業界の利益の一部を獲得するために原材料を高価格で販売するなど、生産業界に影響を与えることができます。これは、購入企業の利益に直接影響を与えます。サプライヤーの交渉力は以下の要素により決められます:

  • 供給の差別化;
  • 代替共有品の存在;
  • サプライヤーのスイッチングコスト;
  • 供給企業のボリューム;
  • 供給企業の前方統合の脅威;
  • サプライヤーとバイヤーの比率。

買い手の交渉力

買い手の交渉力はバイヤーの数に左右されます。それはあなたのビジネスに対してバイヤーの重要性、あなたの製品やサービスとの切り替えのコストなどを評価します。買い手の交渉力は強いか、弱いか、以下のことから見ることができます:

  • 買い手のボリューム;
  • 買い手のスイッチングコスト;
  • 製品についての情報力;
  • 後方統合能力;
  • 買い手の価格感度;
  • 代替製品の存在。

競争企業間の敵対関係

競争企業間の敵対関係は、業界内の既存の企業間の競争の激しさを表します。高い競争圧力は、業界のすべての単一企業の価格、マージン、さらに収益性に圧力をかけます。競争相手は、企業の競争力と収益性の主要な決定要因です。競争の激しい業界では、企業は積極的に市場シェアを求めて競争しなければなりません。以下は、この敵対関係に影響を及ぼす可能性があるいくかのポイントです:

  • 競合他社の数;
  • 競合他社の多様性;
  • 競合他社の相対的な規模;
  • 産業の成長率;
  • 製品の差別化;
  • 退出障壁;
  • 固定コストと変動コスト。

新規参入業者の脅威

業界における競争が強ければ強いほど、他の企業がこの業界に参入することは容易になります。このような状況では、新規参入者は、市場環境の主要な決定要因(市場シェア、価格、顧客ロイヤルティなど)を変更することができます。これにより、既存の企業にとって、それに対する反応と調整にはいつも潜在的なプレッシャーがあります。この力は、特定の業界に参入するのが簡単かどうかを決定します。業種の収益性が高いかつ参入障壁が少なければ、それはすぐに競争が激化していきます。より多くの企業が同じ市場シェアを競うようになると、利益は減少し始めます。既存の企業が新しい参入者を抑止するためには、大きな障壁を生み出すことが不可欠です。新規参入業者の脅威はどの程度になるのか、以下の方面から、把握することができます。

  • 経済の規模;
  • 製品差別化の価値;
  • 切り替えコスト;
  • 資本要件;
  • 流通経路へのアクセス;
  • 政府の政策;
  • 既存業者からの報復;
  • 参入障壁。

代替品の脅威

同じ目的で、より良い性能を持ち、より低い価格である代替製品がある場合、代替品からの脅威が存在します。潜在的に市場規模のかなりの部分を引き付けることができ、さらに既存の企業の潜在的な販売数量を減らすこともできます。この要素は補完的な製品にも関係します。スイッチングコストが低い場合に、これは重大な脅威となります。代替品の脅威に影響を与える可能性のあるいくつかの要因を以下に示します。

  • 代替品の数;
  • 買い手のブランド忠誠心;
  • 買い手のスイッチングコスト;
  • 代替品の相対的価格パフォーマンス。

ファイブフォース分析の効果

ファイブフォース分析モデルは、以上の5つの要因から、企業の競争分析を行います。それにより、企業にとって、業界で成功につながるにはどの要因が一番重要であるかを判断できるようになります。5F分析は競争分析、戦略研究、立案ための効果的なモデリングツールです。詳しく言えば、ファイブフォース分析をきちんとやると、以下の効果を得ることは可能です。

  • 業界の構造を明らかに理解し、自分(自社)の業界における競争環境を把握できる;
  • 自社の強みや弱みをはっきりとわかり、競争力を評価できる;
  • 対応のビジネス戦略研究、企業戦略立案などに役立つ。

ファイブフォース分析ツール

前述の通り、5つの力分析は優れたビジネス分析ツールです。では、ファイブフォース分析図を書くにはどうすればのでしょうか。ここで、使いやすいファイブフォース分析ツールもご紹介します。Edrawはファイブフォース分析に役立つベクターの5F分析素材と無料で使えるファイブフォース分析活用事例を提供し、ファイブフォース分析を行い、ドキュメントを簡単に作成できます。 

ファイブフォース分析ソフト

さあ、Edraw ファイブフォース分析ツールをダウンロードして、5F分析をやってみましょう。