超簡単なチャートとグラフの作り方

この手引きでは、チャートとグラフの作り方がステップの通りに示されます。ユーザーに時間と労力を節約できる効果的なソリューションを提供します。これを読むだけ、チャート作成ソフトを使って、作図経験がなくてもプロで見栄え良いチャートとグラフを作成することが可能になります。

ベクトルベースのありあわせのテンプレートを始めて、お好みによって色、サイズ、テーマ、レイアウトなどでチャートとグラフを編集して、テキストを入力して、データ、ファイルなどを導入して、そしてできました。Edraw チャート作成ソフトでのそういうような簡単で効率的なチャートとグラフの作り方は、ここで紹介されます。

新たなチャートとグラフ作図ページを開く

ファイルタブにおける「新規作成」をポイントします。->チャートを選んで、ご要望によって、一つのチャートとグラフタイプをダブルクリックします。空白のキャンバス及び選ばれたチャートタイプの作成に必要なテンプレートと図形を含むライブラリを開きます。

新たなチャートとグラフ作図ページを開く

チャートとグラフ図形を追加

左側の図形ライブラリから、必要のチャートとグラフ図形をキャンバスにドラッグ&ドロップします。

Add Chart and Graph Shapes

チャートとグラフ図形を編集

チャートとグラフのサイズを調整

方形のハンドルをドラッグして、チャートとグラフ図形のサイズを変更することができます。「1」のは全体のサイズ、「2」のは図形の幅、「3」のは棒などサブ図形の幅に対応します。

チャートとグラフのサイズを調整

ショートメニューでチャートとグラフを編集

1. ライブラリから横棒グラフ図形をドラッグすると、図形の右上隅にショートメニューが自動出ています。ショートメニューの左にあるボタンをクリックして、この図形に対応するチャートが現れます。ご要望によって、項目と数値を入力すると、横棒グラフはその結果に変更します。また、自分の数値のファイルがあれば、ライブラリから横棒グラフ図形をドラッグしてから、直接にファイルを導入することも可能です。もちろん、データのエクスポートも対応します。

チャートとグラフデータを編集

2. ショートメニューの左にあるボタンを利用して、データの読み込み、カテゴリの追加/削除などの編集操作を行えます。

チャートアクションボタン

外観オプションをクリックして、もっとオプションで図形を設定します。

外観オプション

チャートとグラフをレイアウト

チャートとグラフをレイアウト

チャートとグラフの内容を入力

チャートとグラフの内容を入力

チャートとグラフのテーマを変更

チャートとグラフのテーマが変更されると、一回クリックで塗りつぶし、線、テキストのスタイルが全体で変わります。

ページ レイアウト」タブに切り替えて、他のテーマを選択できます。

チャートとグラフの変更

背景を追加

背景を追加することはページレイアウトにできます。

チャートとグラフの背景の設定

チャートとグラフを保存/エクスポート

ファイルタブにおける保存をクリックして、チャートとグラフをシステム設定で保存します。名前を付けて保存によりほかの方式で保存します。

コンピューター自身や個人クラウドに保存することとも可能です。このほか、チームクラウドに保存すれば、他の人と共有することができます。

チャートとグラフの保存

ファイルにおける保存と送信をクリックすると、チャートとグラフをグラフィック、MS ファイル及びウェブファイルなどの形式で保存するようになります。

チャートとグラフのエクスポート

チャートとグラフを印刷

チャートとグラフのプレビュー

ダイアグラムのページが印刷紙より大きい場合は、ダイアグラムが1枚以上で印刷されてくるようになります。1枚だけでいいなら、「そのほかの印刷設定... 」をクリックして、自動調整を選択します。

チャートとグラフの印刷

チャートとグラフの作成についてより視覚的で詳しく了解するように、たくさんのチャートグラフの実例とテンプレートも用意されています。アイデアを見つけて、さっさとチャートとグラフのデザインを始めることができます。Edraw チャート作成ソフトで、比較図レーダーチャート面グラフ折れ線グラフ散布図などのチャートとグラフを作成できます。さあ、ダウンロードして、無料にお試していただけませんか。

Windows バージョンをダウンロード Mac バージョン Linux バージョン
Top