一見してわかるAWS 構成図の作成方法

この手引きでは、AWS 構成図の書き方がステップの通りに示されます。ユーザーに時間と労力を節約できる効果的なソリューションを提供します。これを読むだけ、AWS 構成図作成ソフトを使って、作図経験がなくてもプロで見栄え良いAWS 構成図を作成することが可能になります。

AWS アイコンをドラッグ&ドロップするだけで、AWS 構成図をラクラクと作成できます。以下のガイドのとおり、プロ並みのAWS 構成図を作りましょう。

新たなAWS 作図ページを開く

ファイルタブにおける「新規作成」をポイントします。-> ネットワーク図を選んで、そしてAWS をダブルクリックします。空白のキャンバス及びAWS 構成図の作成に必要なアイコンを含むライブラリを開きます。

新たなAWS 作図ページを開く

AWS アイコンを追加

左側におけるライブラリからAWS アイコンをキャンバスにドラッグ&ドロップします。「ライブラリ」ボタンをクリックして、図形ライブラリを開いて、必要のライブラリを選択します。

AWS アイコンを追加

AWS 構成図のレイアウト

配置」と「間隔調整」ボタンを使用して、図形をクイックレイアウトすることができます。キャンバスに図形を配置するときは、スマートガイドを使って、配置することが自動に行われます。

配置と整列

AWS アイコンを接続

ホーム」タブにおける「コネクタ」ツールを使用してアイコンを接続することもできます。内蔵のAWS アイコンには、自動接続を可能にする4つの接続ポイントが設計されておくので、接続する必要がある図形に近くにしたら、自動に接続できます。

AWS アイコンを接続

既定のコネクタスタイルを設定するには、ページレイアウトメニューに移動して、ご要望によって定義済みのスタイルから一つを選択します。

コネクタースタイル

テキストを入力

テキストを入力

AWS 構成図を保存/エクスポート

ファイルタブにおける保存をクリックして、AWS 構成図をシステム設定で保存します。名前を付けて保存によりほかの方式で保存します。

コンピューター自身や個人クラウドに保存することとも可能です。このほか、チームクラウドに保存すれば、他の人と共有することができます。

AWS 構成図の保存

ファイルにおける保存と送信をクリックすると、AWS 構成図をグラフィック、MS ファイル及びウェブファイルなどの形式で保存するようになります。

AWS 構成図のエクスポート

AWS 構成図を印刷

AWS 構成図のプレビュー

ダイアグラムのページが印刷紙より大きい場合は、ダイアグラムが1枚以上で印刷されてくるようになります。1枚だけでいいなら、「そのほかの印刷設定... 」をクリックして、自動調整を選択します。

AWS 構成図の印刷

AWS 構成図の作成についてより視覚的で詳しく了解するように、たくさんのAWS 構成図実例及びAWS アイコンも用意されています。アイデアを見つけて、さっさとAWS 構成図のデザインを行い始めましょう。

ダウンロードして、無料にお試していただけませんか。

Windows バージョンをダウンロード Mac バージョン Linux バージョン
Top