edraw-max-horizontal
作図ツール
活用教室
製品ツアー
製品最新情報
無料体験
購入

あなたのパンフレットを目立たせる8のコツ

> グラフィックデザイン 知識 > あなたのパンフレットを目立たせる8のコツ
edraw編集者
編集者: Edraw | 2020/01/09
よいパンフレットのデザインは、集客の目的に達成し、ビジネス活動やコミュニケーションなどを促進することに役に立ちます。このページで、パンフレットを目立たせる8のコツをご紹介させていただきます。

パンフレットを目立たせる8のコツ

シンプルなのに魅力的なパンフレットを作成することの重要性を見くびないでください。効果的なパンフレットにはその見る人の目を引くポイントがあります。では、よいパンフレットはどう作成しますか?パンフレットを目立たせるには注意すべきことはありますか?ここで、パンフレットを目立たせる8のコツをご紹介させていただきます。これらのコツを身につければ、見た目がよくて印象的なパンフレットデザインを作成するようになります。これらのコツを身につければ、見た目がよくて印象的なパンフレットデザインを作成するようになります。

パンフレットデザイン

1. パンフレットのターゲットオーディエンスを決める

パンフレットのデザインを始める前に、その目的、対象、ターゲットオーディエンスのことを考えしなくてはいけないのです。「お客様」は誰ですか?彼らは何が好きですか?何歳ですか?何の職業ですか?いろいろなことをきちんと意識、整理することは重要です。

2. コンテンツを簡潔かつ詳細に説明する

パンフレットのデザインには、小さな紙面にできる限り詳しい情報を記載することを考えなければならないのです。そのため、重要でキーとされる情報を選んで、パンフレットに掲載したいコンテンツや内容をできるだけ簡潔かつ詳細にします。

3. 高解像度の画像を使う

画像は、文字と同様に重要であり、時にも言葉より直感的な表現ツールです。良いイメージは一目だけで観客の目をキャッチすることになります。高品質の画像を選択し、パンフレットの全体デザインに合わせて、適切な色調を使用します。.

4. 吹き出しや色違いでアピールを目立たせる

パンフレットの目的を達成するために、顧客には何々をしてほしいことがあります。そのため、吹き出しや、色違いの文字などでワンポイントを目立たせてアピールすることは必要となります。

5. ぴったりする文字フォントを選ぶ

文字はパンフレットに掲載されている情報を伝えるための重要な要素です。具体的な内容はもちろん、文字の読みやすさや見やすさも大切です。それにより、文字のフォント、サイズ、太さなどを考えル必要があります。見出し、タイトル、正文などそれぞれにぴったりするフォントを選んでください。例えば、視認性の高い「太いゴシック体」、可読性の良い「細い明朝体」など。しかし、一つの図面では3種類ぐらいのフォントを用いるほうがいいです。

6. 色の組み合わせを意識する

パンフレットのテーマ(伝える情報)、オーディエンス、目的、発表者のタイプ(学校、会社、お店など)などに応じて、色の色相、彩度、明度などいろいろな要素を考えて、適切な色を選んで、色が与える印象と伝えたい情報の組合せを意識して配色してください。ご注意:一つの図面では1~2色をメインカラーとして、3~5色を使ったほうがいいです。

7. レイアウトをきれいに見せる

見出し、段落などの揃い、画像の配置(大きさ、位置)、図面の余白などパンフレットのレイアウトをきれいに見せます。文字や画像などの上下左右はしっかりそろっていることは基本となります。さらに、右揃えや左揃え、中央揃えなど、1つのルールを決めて、揃え方を統一する必要があります。

8. チャートとグラフなどでデータを表示する

会社、製品紹介のビジネス場合には、データ分析、レポートなどがよくありますから、数字を視覚的に示し、情報を直観的に伝達するチャートとグラフを使うことはお勧めです。円グラフや折れ線グラフ、比較図などを介してデータの変化、比較などを表現すれば、図面は見栄え良い上に、情報もわかりすくなります。チャートとグラフに色や図形でデータを強調して、読者も一見してわかるようになります。

さあ、見栄え良いパンフレットを作成する6ステップをご参照して、パンフレットを作成してみましょう。