ホーム

UMLユースケース図 - UMLモデリングツール

Edraw UMLモデリングツールで、内蔵のUMLユースケース図記号とユースケース図サンプルと例を使って、プロで素敵なユースケース図を簡単に作成できます。

UMLユースケース図

UMLユースケース図とは、システム外部、顧客、利用者(アクター)などがシステムを使用してプロセスを完了するときに発生する一連のイベントの図式表現で、システムに対する要件を特定するためによく使用されます。ユースケース図により、システムがどんな機能を提供するのか、とは一見して明らかにするようになります。

UMLユースケース図ツール

多機能のUMLモデリングツールとして、Edrawはユースケー図も作成できます。ソフトに内蔵のプロなユースケース図記号、及びあらかじめデザインされたUMLユースケース図のサンプルと事例を使って、初心者でもプロ並みのユースケース図をラクラクと作り上げることは可能です。さらに、このUML図作成ツールにおける自動接続、自動配置、クイック書式設定などスマートな製図機能を利用して、あっという間に素敵なユースケース図を作成するようになります。

UMLユースケース図ツール

なぜEdraw はUMLモデリングにおススメのツールというか、理由を発見しましょう。

UML 図作成ソフト Windows バージョン Mac バージョン Linux バージョン

UMLユースケース図記号

アクター、ユースケース、パッケージ、オブジェクトなどユースケース図を書くには必要とされるUMLユースケース図記号が組み込まれています。ベクター形式なので、ご要望によって、サイズ調節、塗りつぶし変更、テキスト追加など編集することができます。

UMLユースケース図記号

UMLユースケース図テンプレートと活用事例

このUMLモデリングツールには、シンプルなユースケース図テンプレートや様々なシステムの構造を視覚化に表現するユースケース図の活用事例とも無料で利用できます。テンプレートに自分の内容やテキストを変更して新たなユースケー図を得ることができ、それとも、活用事例をご参考として、自分のユニークなユースケース図を作り上げることも可能です。

ユースケース図テンプレート

UMLユースケース図テンプレート

ユースケー図例 図書館システム

図書館システム ユースケー図

ユースケー図例 管理システム

管理システム ユースケース図

UML図実例で、もっとUMLユースケース図の例を見よう。

UMLユースケース図の書き方

  1. 表現したいシステムに関するアクター(顧客、システム利用者、管理者など)を洗い出す。
  2. 「誰が何をする」というユースケース、つまり以上のアクターがすることをはっきりと整理する。
  3. ユースケース図の構成アウトラインを考えて決める。
  4. ユースケース図を作成する。
  5. ユースケース記述を書く。

もっと見る

UML図記号

UML図実例

UML図の作成方法

UMLシーケンス図

UMLコラボレーション図

始めましょう!きっとあなたの愛用ソフトになる!

Edraw Max は多用途の作図ソフトです。フローチャート、組織図、マインドマップだけでなく、ネットワーク図、フロアプラン、ワークフロー図、服装設計、UML 図、電子工学図、科学イラスト、及びチャートとグラフなどのよく使われる図表を作成できます。