Edrawで利用可能なフローチャート種類一覧

Edraw で作成できるフローチャートには、BPMN、データフロー図、ワークフロー図、部門連係フローチャート、SDL図、業務フロー図、IDEF、プログラムフローチャートなどが含まれます。それぞれの記号とテンプレートとも無料で利用可能です。
基本フローチャート
BPMN
部門連係フローチャート-横
部門連係フローチャート-縦
データフロー図
イベントフローチャート
IDEF0
3D フローチャート
ワークフロー図
SDL図
イベントフローチャート
3D フローチャート
SDL図

どうしてEdraw はフローチャート作成に最適なツールですか、理由を発見しましょう。今すぐ無料体験

フローチャート作成ソフト Windows バージョン Mac バージョン Linux バージョン

基本フローチャートは、基本的な作業とデータフロー、財務、生産、品質管理のプロセスを定義して文書化したダイアグラムで、ビジネスの効率を高めるために使用されます。

公募フローチャート

BPMNはワークフロー内のビジネスプロセスを描画するグラフィカルな表現です。

電話クレーム BPMN

業務フロー図は製品の生産やサービスの作業における活動全体の流れを図式化にしたものです。

トランザクションフローチャート

部門連係フローチャートはビジネスプロセスとそのプロセスを担当する機能単位(部門、人など)との関係を示すためによく使用されます。

人材採用 フローチャート

データフロー図は情報プロセスを分析して構築するための重要なモデリング手法です。

データフロー図

IDEFは、図式モデリング手法の構造化分析及び設計技法 (SADT)から派生した、システムの説明のためのグラフィカルなアプローチです。

IDEF2 は製造システムにおけるリソースの時間変化を表すためによく使用され、数学モデルベースのシミュレーションを指定するためのフレームワークを提供します。

IDEF

リストはブロックリスト、テーブルリストを描画するために使用されます。

プロセス はタスク、プロセス、またはワークフローの進行や手順を示すために使用されます。

SDL図 は通信、航空、自動車、医療業界のステートマシンをモデル化するために広く使用されています。

プログラムフローチャートはプログラムの論理的な流れを図解するためにプログラミングの設計段階でよく使われ、アルゴリズムのグラフィック表現です。プログラムがシステム内でどのように動作するかを示します。

ワークフロー図は情報流れ、ビジネスプロセス自動化、ビジネスプロセスリエンジニアリングのための会計、管理、及び人事の業務プロセスを示すために使用されます。

ワークフロー図

バリューストリームマップは付加価値のないアクティビティからの付加価値のあるアクティビティを視覚的に分離することで、サイクルタイムと生産性を向上させるメカニズムです。

物流バリューストリームマップ

3D フローチャートは3D 効果のフローチャートです。

3D フローチャート

システムフローチャートは、複雑なシステムの動作を理解するのに役立ちます。分析されるシステムは、企業、化学、物理学、生物学、社会学などにかかわります。

文書フローチャートは、一般的に内部メモ、情報、ファイルなどの文書の流れを示すことに使用されます。

もっと見る

フローチャートとは

フローチャート実例

フローチャートの良い点

フローチャートの作成方法

始めましょう!きっとあなたの愛用ソフトになる!

Edraw Max は多用途の作図ソフトです。フローチャート、組織図、マインドマップだけでなく、ネットワーク図、フロアプラン、ワークフロー図、服装設計、UML 図、電子工学図、科学イラスト、及びチャートとグラフなどのよく使われる図表を作成できます。

Top