ホーム

キャッチーで効果的なチラシを作成するための12個コツ

集客、知名度の高めなど最後の目的につながるキャッチーで効果的なチラシデザインは何でしょうか?この記事は、チラシデザインの手順に応じて、おしゃれなチラシを作成するための12個のコツをまとめてご紹介します。

インパクトの強いチラシは目をつかんで受取人に読ませるのに役立ち、最後に効果的な行動につながります。では、魅力的で優れたチラシはどのようなものですか?さらにどうやってキャッチーで効果的なチラシを作成するのでしょうか?今回は、デザイン前の準備、見出し、テキスト、画像、レイアウト、色の使い、などチラシデザインの手順に応じて、おしゃれなチラシを作成するための12個のコツをまとめてご紹介します。

チラシデザイン前の準備

チラシをデザインする前に、チラシのターゲットと目的の明確、チラシに載せたい情報の整理などいろいろな事前準備が必要です。「誰に」「何を」伝達したいのかい、しっかりと考えなければならないのです。

1. チラシのターゲットと目的を明確する

チラシを誰に発行するのでしょうか?年齢、教育程度、職業、性別、興味、ニーズなど対象のことをはっきりと把握することが必要です。さらに、ターゲットに何をさせるのかい(チラシを読んでから何の行動をしてほしい)をチラシの目的として考慮、確定します。ターゲットと目的を明らかにしてこそ、チラシに載せる情報、デザインの方向性などをうまく進めることは可能になります。

2. 必要で有益なコンテンツを整理する

集客や売り上げアップのための製品紹介、販売チラシやフライヤーなら、商品の詳細情報をはっきりと示すべきです。さらに、商品本物の特徴を強調すぎないで、お客様がこの商品から何を得られるのか、顧客の立場で商品を紹介してください。一言で言えば、情報の正確性と重要性の上に、顧客の興味を膨らませ、有益なものを掲載してください。また、チラシのボトムに会社名、連絡先など会社情報を忘れないでください。

魅力的なコンテンツを作る

準備が終わったら、チラシデザインを始めます。チラシには見出し、本文などが含まれ、文字と画像両方もあります。チラシの内容はその肝心のもので、何よりも工夫を施すべきです。

3. キャッチーな見出しを作成する

一般的には、見出しを一見して、お客様はこのチラシから有益な情報を得るかどうかを知ることができますから、キャッチーな見出しを作成する必要があります。見出しに総括的な文字を使う上に、文字を大胆に大きくにしたり、ユニークなフォントを選んだり、数字を使ったりして見出しを目立たせるのはお勧めです。

4. 文章を読みやすくする

できるだけ、長い文章を使わないでください。本当に必要とすれば、文章を短くして、複数の部分に分割します。サブタイトル、本文などそれぞれの適切なフォントを使い分け、文字の整列性を高め、見やすくします。

5. 高解像度のグラフィックを使う

優れたチラシは、きっと簡潔な文字と鮮明なグラフィックの最適化の組合せです。チラシにおしゃれな背景を入れ、テーマに合っているイラスト、アイコンのデザイン素材、特に高解像度の写真や画像を加えることで、チラシに掲載するものの信用力をアップすることができます。(ご注意:画像の下に簡潔な説明文をつけるのはお勧めです。)

グラフィックを使う

チラシを作成するときに良く使われるイラスト素材を一覧しましょう。

6. グラフやチャートでデータを示す

チラシにデータ統計や比較などを掲載する必要がある場合は、グラフやチャートを使ってデータを示すのは良いと思われます。ただ数字と文字で表現することと比べて、スペースをあまり占めないほかには、より直観的でわかりやすくて、色づけのグラフとチャートもグラフィックとしてチラシを豊かにすることができます。

7. コントラスト色を活用する

チラシデザインにおいて、色の使い方はきわめて重要な役割を果たしています。文字、背景、画像やイラストにテーマにぴったりする3-5種類の色を選んで、さらに配色にコントラストをつけるのは良いのです。コントラスト色を活用することで、重要な部分を強調したり、文字を視覚的に見やすくしたりするのに役立ちます。しかし、コントラストを使用すぎたら、デザインはめちゃくちゃになり、期待お裏腹の結果になるかもしれません。

コントラストを活用する

レイアウトをきれいにする

8. レイアウトを自然にする

チラシの左上部(横書き)や右上部(縦書き)からはじめ、タイトル、本文、連絡先などコンテンツをZ型やN型で配置することで、読者の自然な視線の流れでチラシを読むことができ、内容もより読みやすくなります。

9. 関連する要素をグループする

チラシに複数のセクションがあることはあります。一つのセクションにあるテキスト、イラスト、写真などを枠、色などでグループして配置してください。これは、情報の見やすさにつながる上に、内容も一見して見分けることもできます。

関連のある要素をグループする

10. 余白を十分にとる

チラシの見やすさにつながるため、チラシレイアウトには「余白を取る」ことは重要です。余白には、「文字と文字」「文章と画像」「コンテンツとチラシ枠」などがあります。これらの要素の間に、余白を十分に取るようにしてください。これはデザインするときにグリッドを作成することによって完成できます。

余白を取る

チラシデザインを効率的に行う

11. 使いやすいツールを選ぶ

デザイナーにとって、緊急活動などのためチラシをすぐに作り出すこともあります。デザインの苦手の方も、チラシを簡単に作成する方法もほしいです。そのため、チラシデザインに使いやすいツールが必要なものです。簡単で便利チラシ作成ソフトがあれば、チラシデザインを効率的に行えるようになります。使いやすいチラシデザインツールとして、Edrawはお勧めです。ソフトには、豊富なベクターデザイン素材、無料で使えるチラシテンプレート、及びスマートで便利なデザインツールが組み込まれています。テンプレートをご参考として、ベクターのイラスト素材を使って、自動配置、クイック書式設定などのツールでチラシを楽とレイアウトして、おしゃれなチラシを一気に作成できます。

チラシ作成ソフト

Edrawチラシ作成ソフトをダウンロードして、自らで素敵なチラシを作成しましょう。今すぐ無料体験

印刷前のチェック

12. 他人の意見を求める

自分のインスピレーションは限られているかもしれません。デザインを完成させる前に、改善のために、他人の意見を求めてください。他の人を読者(ターゲット)と見なし、チラシに興味があるか、読みやすいのか、何か不具合のことがあるのか、他人の感想をご参考として、チラシデザインを最適化にします。

まとめ

以上は準備から印刷まで、優れたチラシをデザインするための12個のコツです。もちろん、これらの要点のみ抑えておき、素敵なチラシをデザインできるわけではありません。チラシデザインをする時に、表現テーマのタイプ、ものの特質、個人的なデザインアイデアなどに従って、しっかり工夫を施して、すばらしい出来上がりを得るのは可能です。今回ご紹介していただいた12個のコツをご参照して、あなたの創造力を活かして素敵なチラシデザインを進めてください。

もっと見る

チラシの作り方

パンフレットを目立たせる8のコツ

使いやすいチラシデザインソフト

この使いやすいチラシデザインソフトで、おしゃれなチラシやフライヤーをラクラクと作成することができます。少し工夫して目を引くチラシを作成し、様々な形式にエクスポートして、ハイファイで印刷してきます。 さあ、やってみよう!