ホーム

ソフトウェアアーキテクチャ

ソフトウェアアーキテクチャはソフトウェアシステムの構成要素、役割、及び相互作用を記述して、ソフトウェア開発に欠かせないステップです。この記事では、例からソフトウェアアーキテクチャの定義、役割、ツールを簡単にご紹介します。

ソフトウェアアーキテクチャとは

ソフトウェアアーキテクチャは、ソフトウェアやアプリケーションを設計するときに、ソフトウェアシステムを構成する要素、及びその役割、関係の構造を意味します。一般的には、ソフトウェアシステムにはユーザー、外部システム、データソース、とサービス、及びその相互作用などの要素が含まれています。

ソフトウェアアーキテクチャを設計することは、ソフトウェアの現在の開発状況を把握するだけでなく、将来の変化も予測して、その変化に応じて新たな機能、ツールなど要因を考慮して変わっている市場、顧客の要求に適えるようになることを目指します。

ソフトウェアアーキテクチャーは通常、プレゼンテーションレイヤー、サービスレイヤー、ビジネスレイヤー、データレイヤーという上から下に4つのレイヤー(3つにすることもあります)に設計されています。

  1. プレゼンテーションレイヤーには、ユーザーがアプリケーションと相互作用するためのコンポーネントが含まれています。それは、ユーザーの入力を処理し、正しい応答をユーザーに返すことをする必要があります。
  2. サービスレイヤーはトランザクション境界として機能し、アプリケーションサービスとインフラストラクチャサービスの両方を含みます。
  3. ビジネスレイヤーには、アプリケーションのコアビジネス機能が含まれています。
  4. データレイヤーは、アプリケーションの最下位層です。それは、使用されたデータの保存装置との通信を担当します。
ソフトウェアアーキテクチャーテンプレート

ソフトウェアアーキテクチャ図

ソフトウェアアーキテクチャ図はソフトウェアアーキテクチャーを図式に表現するものです。以下のCRMアプリケーションアーキテクチャ図をご参考として、ソフトウェアアーキテクチャの構造をより詳しく理解しましょう。

CRMアプリケーションアーキテクチャ図

PDF形式のソフトウェアアーキテクチャ図を無料ダウンロード

編集可能なソフトウェアアーキテクチャ図を無料ダウンロード

ソフトウェアアーキテクチャ図ツール

Edrawアーキテクチャ図ツールを使用すると、既製の図形とテンプレートからはじめ、複雑なソフトウェアアーキテクチャ図を簡単に作成できます。

アーキテクチャ図ツール

Edrawアーキテクチャ図ツールをダウンロードして、ソフトウェアアーキテクチャの設計をお試してみましょう。

Windows バージョンをダウンロード Mac バージョン Linux バージョン

もっと見る

アーキテクチャ図

UML図実例

ソフトウェア設計図実例

始めましょう!きっとあなたの愛用ソフトになる!

Edraw Max は多用途の作図ソフトです。フローチャート、組織図、マインドマップだけでなく、ネットワーク図、フロアプラン、ワークフロー図、服装設計、UML 図、電子工学図、科学イラスト、及びチャートとグラフなどのよく使われる図表を作成できます。