ホーム

マインドマップにガントチャート表示を使う方法 - MindMaster

ガントチャートは、プロジェクトの進行状況を監視し、ビジュアルタスクバーで管理するのに有効です。ガントチャートビューでタスク情報を直接管理できます。ガントチャートビューでタスク情報を変更すると、関連情報もマインドマップ上で変更されます。

ガントチャート表示パネルを開く/閉じる

  1. ガントチャートパネルを開くには2つの方法があります。
  1. 上記のボタンをもう一度クリックすると、ガントチャート表示を閉じることができます。

ガントチャートオプションを設定

ガントチャートオプションメニューから、日付形式、大区分と小区分、作業日の選択、プロジェクト全体の開始および終了時刻の設定を行うことができます。
  1. ガントチャートオプションのダイアログを開くには、2つの方法があります。
  1. ガントチャートオプションダイアログでガントチャートの設定を行います。

ガントチャート表示でタスク情報を変更

各タスクはガントチャートのタスクバーとして表示されます。タスクバーを移動したり、ドラッグしたりすることで、開始日と終了日を変更することができます。ガントチャート表示の下でタスクの依存関係を構築することもできます。

タスク名」列のセルをダブルクリックして、タスクの名前を変更します。

バーの右端をドラッグして、バーの長さを変更して、終了日を変え、バーを選び当てて移動すると、開始日と終了日とも変更します。

ガントチャートをエクスポート

ガントチャートのエクスポート機能は、ガントチャートをPDF形式で保存するのに役立ち、ガントチャートの印刷や共有には便利です。

  1. リボンの「ガントチャート」タブに移動し、「PDFにエクスポート」ボタンをクリックします。
  2. 保存ウィンドウでガントチャートの名前を入力します。
  3. 保存」をクリックします。

ビデオ-マインドマップからガントチャートを作成する方法

MindMasterソフトウェアをダウンロード

Windowsバージョン Macバージョン Linuxバージョン