ホーム

仕事効率アップ!ToDoリスト管理ならマインドマップはおススメ

良いToDoリストは忙しい時にごちゃごちゃさせることなく仕事の効率を向上させるのに役立ちます。ToDoリストを作るためのツールなら、マインドマップは良い選択肢の一つです。この記事では、マインドマップフリーソフトMindMasterを使って、マインドマップ風のToDoリストを作る方法を詳しくご解説します。

ToDoリストについて

ToDoリストとは、やるべきことを箇条書きするものです。職場でも勉強でも、一日のやるべきことを整理し、ToDoリストを作るのは仕事効率化上の良い習慣だと思われます。一日の初めに、今日のやるべきことをToDoリストで書き出すことで、忘れや遅れもなく一つ一つのタスクをきちんと片付けることができるようになります。

ToDoリスト

マインドマップ風のToDoリスト

ToDoリストの作りは格段に簡単なことで、ペンとメモ帳だけでできます。けれども、紙のToDoリストが紛失するリスクもあり、字が下手な場合に後で見分けが付かない仕様になってしまったことにもなりかねません。そのため、本当に役立つToDoリストを作るには、効果の良いツールが必要です。これで、マインドマップが登場してきます。マインドマップを使って、やるべきことを一見して把握でき、仕事内容が変更してもきれいに見せるToDoリストを作ることができます。

マインドマップToDoリスト

マインドマップでToDoリストを作る方法

では、マインドマップでToDoリストを作るにはどうすればの良いでしょうか。まずは、もちろん、マインドマッピングツールを選びます。マインドマップフリーソフトMindMasterは、作業進捗を示すマーク、仕事内容間の関係を示す関連線、参考になれる吹き出し、注釈、添付ファイル、ハイパーリンクなどいろいろな要素を挿入することをサポートし、見栄え良いマインドマップ風のToDoリストを作成するための優れたツールです。

マインドマップフリーソフトMindMaster

ビデオ - 3分間でマインドマップフリーソフトMindMasterをご了解に

MindMasterソフトウェアをダウンロードして、マインドマップ風のToDoリストを作ってみましょう

Windowsバージョンをダウンロード Macバージョン Linuxバージョン

以下は、マインドマップフリーソフトMindMasterを使って、マインドマップ風のToDoリストを作る方法を詳しくご解説します。

1. ページ中心に日付を書く

MindMasterを起動して、新規作成におけるテンプレートの1つを選んで、ダブルクリックして、作図ページに入ります。ページ中心における「中心トピック」にToDoリストの日付を入力します。

ToDoリストの日付を入力する

2. やるべきことを追加する

次は、「Enter」キーを押して、中心トピックの日付からサブトピックを挿入し、一日にやるべきことを1つずつ追加します。

マインドマップToDoリスト

さらに、わかりやすいToDoリストを作るには、具体的は以下のことをするべきです。

3. マインドマップのToDoリストを活用する

以上で作られたマインドマップ風のToDoリストは、当時の仕事スケジュールの管理を円滑かつ効率的に行うのに役立ちます。さらに、週間、月間の仕事をまとめるレポートプレゼンテーションの作成にもわかりやすいご参考になれます。

まとめ

今回は、マインドマップでToDoリストを作ることをめぐってご紹介してきました。マインドマップ風のToDoリストを書くことで、一日のスケジュールを忘れや遅れもなく柔軟で効率高く進めるようになります。マインドマップフリーソフトMindMasterdを使って、一目瞭然とするマインドマップ風のToDoリストを作成できます。さあ、お試してみてみましょうか。

関連記事

スケジュール管理にも適用!マインドマップの計画術

タスク管理はうまくいかない?マインドマップをお試してみよう

マインドマップでプロジェクト管理を効率よくこなそう

ビジネスにおけるマインドマップの使い方

10件のビジネスマインドマップ事例

マインドマップ活用実例

マインドマップテンプレート

マインドマップの書き方

MindMaster - すべてのプラットフォーム用の優れた無料マインドマップツール!

MindMasterを使って、Mac、Windows、Linux上でマインドマップを作成できます!強力な機能と直感的かつ使い勝手の良いインターフェース、及びおしゃれなテーマと豊富なテンプレートを利用して、自分のマインドマッピングをデザインします。さあ、やってみよう!