ホーム

これを使えば就活が必勝!自己分析にマインドマップの活用

自己分析は、就職活動、自己改善などに欠かせないプロセスです。マインドマップを使えば、自己分析をより全面的に行い、自分を目立たせ、就職活動に必勝になれます。この記事では、マインドマップを活かして、自己分析を進む方法をご紹介します。

自己分析マインドマップ

自己分析とは、文字の通り、「自己」のことを「分析」してはっきりと認識することで、それは就職活動をうまく進むために欠かせないプロセスであり、また就活に取り組む方にとってあまり簡単ではないことです。自己分析をよく行えば、就職活動における自己PRや面接対策にも役立ちます。自己分析をする目的とは以下の3つのことがあります。

以上の目的を達成するには、SWOT分析やマインドマップを使って自己分析を行うのはおススメです。マインドマップとは、中心にキーワードやイメージがあり、中心に関連する様々なキーワードが放射状につながっているものです。マインドマップは、アイデアを芋づる式に洗い出し、思考を関連的に整理するために使われます。自己分析の場合に、中心に自分、性格、趣味、成長、学業などを枝分かれに書き入れ、マインドマップを使って自分のことを明確化にすることができます。なぜマインドマップを使って自己分析を進むかというと、以下の5つのメリットはその原因だと考えられます。

  1. 自分のことを一枚のマインドマップでまとめられ、一見して全体を把握できます。
  2. 芋づる式の連想方法で、思考を促し、分析を深めることができます。
  3. 無視しがちなポイントを見つけやすく、自己分析をより全体的にします。
  4. 情報の関連性を明らかにし、効果的な分析に役立ちます。
  5. 就職活動だけではなく、自己紹介をしたり、人生計画を立てたりするにも活用できます。

マインドマップで自己分析のやり方

では、就職活動において自己PR、自分を目立たせるための自己分析はどうのように行いますか。以下は、マインドマップで自己分析のやり方を4つのステップで説明します。

1. マインドマップの真ん中に自分を書く

空白のページの真ん中に、自分を示すこと書き入れます。写真、イラスト、お名前、「自己」という単語でもいいです。

2. 性格、経験など自分のことを整理する

マインドマップの真ん中における「自分」にブランチをつないで、枝に生活、趣味、学業、スキル、やりたいことなどの自分に関してのことを連想して書き出します。思い出してきたものを一気に書き入れてください。

3. 自分のことから強み、弱みを見つける

以上の生活、趣味、学業、スキルなどのことについて深く考えて、自分の強みと弱みを抽出してまとめます。これらの強みと弱みをそれぞれの項目の枝分かれに記入して、色付けして見やすく表示するのはおススメです。

4. 「自分」と「仕事」の関連性をつける

自分にどんな強みや弱みがあるかと明らかにした後、強みや弱みと自分がやりたいことや志望仕事との関連性をつけ、自分の適性を明確化する必要があります。例えば、性格における長所はやりたいことに欠かせないことであれば、その2つのポイントの間に関連線をつけてつなぎます。これらの関連性は、志望の仕事に自分PRするときの目立つところ、面接時に「なぜ」のように質問されたらすぐに出す答えになります。

マインドマップ 自己分析

MindMasterソフトウェアをダウンロードして、自己分析マインドマップを書いてみましょう

Windowsバージョンをダウンロード Macバージョン Linuxバージョン

まとめ

以上で述べたものにより、自己分析にマインドマップの使い方がわかるになるでしょう。マインドマップは、就活に自己PRや面接をうまく対応するための自己分析を進むのに役に立ちます。自己分析に行き詰まっている場合は、ぜひこのマインドマップをお試してみてください。

関連記事

キャリアプランマインドマップの作り方

マインドマップで問題解決を簡単にしよう

マインドマップの12種応用と事例

マインドマップ活用実例

マインドマップテンプレート

マインドマップの書き方

MindMaster - すべてのプラットフォーム用の優れた無料マインドマップツール!

MindMasterを使って、Mac、Windows、Linux上でマインドマップを作成できます!強力な機能と直感的かつ使い勝手の良いインターフェース、及びおしゃれなテーマと豊富なテンプレートを利用して、自分のマインドマッピングをデザインします。さあ、やってみよう!