ホーム

ブレーンストーミングについて-基本知識から進め方まで徹底解説

ブレインストーミングとは集団でアイデアを自由に生み出すことで、思考発想、問題解決などのため、仕事、教育シーンに愛用される手法の一つです。この記事では、基本知識から進め方までブレインストーミングについて徹底解説させていただきます。

目次

ブレーンストーミングとは何?

ブレーンストーミングとは、ブレストと略して呼ばれるのもあり、「脳(Brain)」と「嵐(Storming)」という2つの語源からなる言葉です。その概念はアメリカのBBDO広告会社のオズボーン氏によって考案されました。複数の人が課題をめぐって自由に意見を出し合い、独創的なアイデアを引き出す集団思考法です。自由な雰囲気で、素敵なアイデアが生まれる可能性があったり、参加者同士間のコミュニケーションと交流も深くなったり、さらに参加者にとっても視野を広げることであったり、ブレーンストーミングはいろいろなメリットで、会議、問題解決、思考発想など様々なシーンで愛用する手法としてずっと活躍しています。

ブレーンストーミング

ブレーンストーミングの4つルール

ブレーンストーミングをやるとき、基本原則として定着している4つのルールがあります。この4つのポイントはブレーンストーミングの最終の効果にかなり影響します。守らないと、役立つアイデアはもちろん、新しいアイデアも生み出しにくくなるからです。以下はその4つのルールです。

  1. 判断特に批判をしない。参加者が発言してくることに判断、特に「実行不可能」とか「だめ」とかの否定をしてはいけません。発言者の積極性を弱めることにつながることがあります。意見の良いところを見つけて肯定するのはおすすめします。
  2. 自由に発言する。制限ないで、何の奇抜や不可能な考えでも、「他人に笑われるかも…」のような思いを捨てて、自由に発言してください。不思議な発言から素敵なアイデアは発芽してくることもあります。
  3. 量より質を求める。アイデアの良さ悪さより、ブレーンストーミングにおいて重視すべきのはアイデアの数です。判断しないことで、意見の質をとわず、できるだけ多くのアイデアを出すのはおススメです。
  4. アイデアを連想、結合する。他人の意見に触発され、連想を働かせ、自分の意見を新たなアイデアとして発言するのも良い選択肢です。それもアイデアの質を向上させるようになります。

ブレーンストーミングの注意点

1. 適切な参加者を選ぶ|同じのはNG

ブレーンストーミングの参加者を選択するには、人数と参加者の属性(年齢、性別、職位、専門、経歴)2つのことを考慮しなければなりません。人数には、3~10人が適切だと思われています。属性には、異なるのは一番重要なことです。年齢、性別、職位、専門、経歴など違うタイプの人で、固定的な意見に限定されずに、多種多様なアイデアが出てくるようになります。また、会議など仕事の場合に、参加者に緊張を与えがちなので、上司など上位の人は同席しないほうがいいです。

2. 中心トピックを明確にする|話の脱線はNG

ブレストに中心課題があります。始める前に、その中心トピック、目的などははっきりとする必要があります。自由な発言は歓迎だというのに、その明確な中心トピックとしっかり関連してブレーンストーミングを進むべきです。課題や目的から外れる話が出てくると、すぐにやめてください。

3. 制限時間を決める|長くするのはNG

この制限時間には3つの時間が含まれています。ブレーンストーミングをやるに開始から終了までの時間、およびアイデアの発想とまとめ時間です。ブレスト全体の時間は30~40分の程度は最適で、1時間を超えるなら途中での休憩はおすすめします。アイデアの発想と量産には、5~10分でいいです。量産してきたアイデアをまとめて討論、連想により良いアイデアにまとめるには、15~20分は適切です。

ブレーンストーミングの注意点

ブレーンストーミングの進め方

伝統的なやり方

これはブレインストーミングが考案された以来、一番広く使われてきたやり方です。数人は取り込んで座って、紙上に自分の考えを書き、さらに討論でアイデアをまとめます。その使いやすさと便利さで、伝統型の進め方はほとんどのブレーンストーミングシーンで使えます。

ブレインストーミングを始める前、用意しておくことがあります。前述のように、参加者の人数、中心トピック、全体時間を事前に決めておく必要があります。その上、伝統型のブレストには、以下の通り、いくつかの道具が必要です。

事前準備を完了したら、さっさとブレーンストーミングを開始しましょう。

  1. 司会進行役を選定します。
  2. 司会は、ブレーンストーミングの中心トピックを提案し、付箋紙とペンを参加者に配布します。制限時間(通常5分に設定されます)を指定し、その時間内にタスクを完了するよう全員に依頼します。
  3. 司会が計時を開始します。参加者は中心課題について自分で考え、アイデアや解決策を付箋紙に書き出します。
  4. 制限時間が終了したら、司会はすべての付箋紙をリサイクルし、ホワイトボードに整然と貼り付けます。
  5. 付箋紙における内容を一覧して、似たアイディアは、集約して整理していきます。それにより、連想や結合などを働かせ、新たなアイディアが生み出すと、追加します。

上記の5ステップは、企業で一般的に使用されているブレーンストーミングのやり方です。操作は難しくありませんが、伝統的なブレーンストーミングは経済的で環境にやさしい方法ではありません。付箋紙を書くとき、現場環境は重苦しくなりがち、参加者の想像力を刺激することができないとかのデメリットがあります。

ソフトウェアでのブレーンストーミングの進め方

電子型ブレインストーミングは、すなわちソフトウェアでブレインストーミングを実行することです。従来の方法と比べて、ソフトウェアでのブレインストーミングは紙材料を必要とせず、経済的で環境に優しく、そしてブレーンストーミングの効率アップにもつながります。

MindMasterはブレーンストーミングを進行するための優れたツールです。ソフトウェアでブレーンストーミングをやるには、MindMasterソフトウェアだけが必要します。プロジェクターがあれば、効果も高めるようになります。では、電子型のブレーンストーミングはどのように進行するのでしょうか。次の詳細な手順を見てください。

MindMasterでブレーンストーミングをやる

ソフトウェアでのブレーンストーミングの進め方について詳しくはこちら:従来より便利且つ効率高い!MindMasterでブレーンストーミングをやろう

まとめ

以上、ブレーンストーミングの意味、メリット、ルール、行う時の注意点とNGのこと、また2タイプのやり方など、ブレストをめぐってご紹介いたしました。いかがでしょう。ブレーンストーミングのコツはマスターしませんか。今後仕事会議や問題解決などの場合に、ぜひブレーンストーミングという手法をお試してください。

関連記事

MindMaster - すべてのプラットフォーム用の優れた無料マインドマップツール!

MindMasterを使って、Mac、Windows、Linux上でマインドマップを作成できます!強力な機能と直感的かつ使い勝手の良いインターフェース、及びおしゃれなテーマと豊富なテンプレートを利用して、自分のマインドマッピングをデザインします。さあ、やってみよう!