ホーム

Linux対応可能なワイヤーフレームツール

Edraw ワイヤーフレームソフトは、Linuxにも対応可能な使いやすいワイヤーフレームツールです。簡単な手順で、Linux上でWebサイト、iOS、AndriodアプリケーションのUIデザインなどのためのワイヤフレームを作成することができます。

Linux上のワイヤーフレームツールについて

このLinux上のワイヤーフレームツールは、見栄えいよいワイヤーフレームを効率的に作成するための使いやすいツールです。内蔵のベクターのワイヤーフレームアイコンと編集可能なテンプレートや実例を使って、素敵なワイヤーフレームデザインに仕上げます。Windows UIデザイン、iPhoneインターフェイス設計、Webサイトデザインなどにおススメします。

ワイヤーフレームツール Linux

ワイヤーフレームツールをダウンロードして、Linuxで見栄えよいワイヤーフレームを作成しましょう。

Linuxバージョンをダウンロード Macバージョン Windowsバージョン

対応OS:

Ubuntu、Fedora、Debian、CentOS、OpenSUSE、Mint、Knoppix、RedHat、GentooなどのLinuxディストリビューションに対応可能です。

Linux上のワイヤーフレームツールの良い点とは

  1. オールインワンの機能
    このLinuxのワイヤフレームソフトウェアは、さまざまなワイヤフレームアイコン、サンプル、およびテンプレートなど、ワイヤフレームを作成するためのあらゆることをご用意します。
  2. 初心者でも使える簡単なツール
    ドラッグアンドドロップの操作、MSプログラムのようなインターフェース設計で、初心者でもすぐにうまく操作できる使いやすいツールです。
  3. 多様化のエクスポート
    PDF、編集可能なSVG形式、PowerPoint、Wordなど、ワンクリックで任意のグラフィックス形式でワイヤフレームの出来上がりを保存することができます。
  4. カスタマイズ可能なテンプレート
    効率アップ! Edrawでは、既製のテンプレートと例をカスタマイズして、見栄えよいワイヤーフレームを楽と作り出します。

ベクターのワイヤーフレームアイコン

ロゴ、イメージホルダー、ヘッダー、様々なボタンなどウェブサイトデザインに役立つベクターのワイヤーフレームキットがソフトに組み込まれて、無料で使えます。Webサイト、IOS、iPad、Androidなど何千個のアイコンが含まれています。

webサイトワイヤーフレームキット

IOSアイコン

Linuxでワイヤーフレームの簡単な作り方

以下は、ワイヤーフレームの簡単な作り方です。この5つのステップをご参考に、Linuxで素敵なワイヤーフレームを楽と作成できます。

  1. ワイヤーフレームテンプレートを開きます。「ファイル」メニュー>「新規作成」を選択します。 「ワイヤフレーム」をダブルクリックして空白な作図ページを開きます。またはワイヤーフレームアイコン下における既製のテンプレートを選んで開始します。
  2. ワイヤフレームアイコンを追加します。 左側におけるライブラリから必要のワイヤーフレームアイコンを選んで図面ページにドラッグアンドドロップします。
  3. ワイヤフレームレイアウトをデザインします。アイコンの位置を調整したり、サイズを変更したり、色を補充したりして、ワイヤフレームレイアウトのデザインを続けます。
  4. ワイヤフレームのテキストを追加します。 図形をダブルクリックして必要のテキストを入力します。
  5. ワイヤフレームを保存、エクスポートします。「ファイル」タブの「保存」をクリックしてデフォルトのeddx形式で保存します。または「ファイル」タブの「名前を付けて保存」を選択して、jpg、png、pdfなどの他の形式で保存します。

ワイヤーフレームの書き方という記事でワイヤーフレームを作成するための方法を詳しくご覧ください。

編集可能なワイヤーフレームテンプレート

以下は、このLinux用のワイヤーフレームツールで制作されたワイヤフレームの事例とテンプレートです。IphoneのUIデザインやウェブサイトデザインのワイヤーフレームなどがあります。無料でダウンロード、自由に編集、楽と共有することができます。

Iphone UI ワイヤーフレームサンプル

Iphone UI ワイヤーフレームサンプル

ウェブサイトデザインワイヤーフレームテンプレート

ウェブサイトデザインワイヤーフレームテンプレート

もっと見る

ワイヤーフレームとは何?

Webサイトワイヤーフレームサンプル

始めましょう!きっとあなたの愛用ソフトになる!

Edraw Max は多用途の作図ソフトです。フローチャート、組織図、マインドマップだけでなく、ネットワーク図、フロアプラン、ワークフロー図、服装設計、UML 図、電子工学図、科学イラスト、及びチャートとグラフなどのよく使われる図表を作成できます。