ホーム

Linux用の住宅電気配線計画ソフト

Edrawは、Linux上で住宅電気配線計画を楽と行い、電気配線図を効率的に作成できるツールです。内蔵のプロな電気配線記号と編集可能なテンプレートを介して、初心者も素敵な配線図面を書けるようになります。

Linux用の住宅電気配線計画ソフトについて

Linuxで住宅電気配線図を書けるツールをお探していますか?Edrawをお試してみませんか。Edraw 電気配線計画ソフトは豊富なプロの電気配線記号、及び既製で編集可能なテンプレートを提供し、Linux上で電気配線図面を作成するための良い選択肢です。電気配線記号をドラッグ&ドロップすることで計画をはじめ、数分で素敵でわかりやすい住宅配線計画を得ます。

住宅電気配線計画ソフト Linux

電気配線計画ソフトをダウンロードして、Linuxでプロ並みの住宅配線図面を作ってみましょう。

Linuxバージョンをダウンロード Macバージョン Windowsバージョン

対応OS:

Ubuntu、Fedora、Debian、CentOS、OpenSUSE、Mint、Knoppix、RedHat、GentooなどのLinuxディストリビューションに対応可能です。

Edraw 電気配線計画ソフトの良い点

豊富なプロの電気配線図記号

Edraw Linux 電気配線ソフトは住宅電気配線によく使われる電気、通信、照明などの記号をご用意します。これらの電気配線図記号はベクターで、サイズ、色、表示オプションなどが編集可能です。ユーザーが必要の記号をドラッグ&ドロップするだけで、電気配線の計画を始めることができます。

電気配線図記号

電気配線記号 照明

もっと間取り図記号を見ましょう。

Linuxで電気配線図面を書くための簡単なガイド

  1. 電気配線の空白の作図ページを開きます。ファイルメニューで新規作成をクリックして、間取りを選んで、電気通信設計アイコンをダブルクリックします。空白な作図ページを開きます。
  2. 住宅の間取り図を描きます。 「壁、骨組、構造」などの間取り記号を使って、住宅の基本間取りを作ります。
  3. 電気配線図記号を追加します。電気と通信、照明などの図形ライブラリから必要の電気配線記号をドラッグして、住宅間取り図にドロップします。必要に応じて、サイズ、色などをカスタマイズします。
  4. 電気配線図面を保存、エクスポートします。できた電気配線図をワンクリックで、デフォルトのeddx形式で保存します。または、「名前を付けて保存」を選択してjpg、png、pdfなどの一般的なファイルとしてエクスポートします。

住宅電気配線の活用事例

以下は、Edraw Linux 電気配線ソフトで制作された住宅配線の2件の事例です。マーホームの電気配線計画を行うときに、ご参考のテンプレートとして、無料で使えます。これらのテンプレートはベクターで設計されたので、それにおける間取り設計や、電気配線とも変更でき、カスタマイズすることができます。お気に入りのがあれば、テンプレートから、Linuxで電気配線計画を設計し始めましょう。

電気配線図面

電気配線図面

住宅配線計画

住宅配線計画

もっと見る

間取りソフト-Linux

オフィスレイアウトソフト-Linux

避難経路図作成ソフト-Linux

始めましょう!きっとあなたの愛用ソフトになる!

Edraw Max は多用途の作図ソフトです。フローチャート、組織図、マインドマップだけでなく、ネットワーク図、フロアプラン、ワークフロー図、服装設計、UML 図、電子工学図、科学イラスト、及びチャートとグラフなどのよく使われる図表を作成できます。