ホーム

Linux対応のデータフロー図作成ツール

Linuxシステム対応のデータフロー図ツールです。組み込みのDFD記号と無料のテンプレートから始め、データフロー図を楽と作成でします。

Linux対応のデータフロー図作成ツールについて

Edraw データフロー図作成ソフトは、データフロー図を簡単かつ迅速に設計するためのプロフェッショナルで使いやすいツールです。既製のテンプレートとサンプルをご参考に、ソフトウェアに内蔵のベクターのデータフロー図記号をドラッグ&ドロップすることで、素敵で正確なデータフロー図を作り出すのは簡単になります。

データフロー図作成ツール Linux

データフロー図作成ソフトをダウンロードして、Linuxで素敵なデータフロー図を簡単に作成します。

Linuxバージョンをダウンロード Macバージョン Windowsバージョン

対応OS:

Ubuntu、Fedora、Debian、CentOS、OpenSUSE、Mint、Knoppix、RedHat、GentooなどのLinuxディストリビューションに対応可能です。

Linux対応のDFDツールの特徴

  1. クロスプラットフォームとクラウドベースのデータフロー図ツールです。Windows、Mac、Linuxともサポートします。
  2. ドラッグアンドドロップのような簡単な操作、及びMSプログラムのような直観的なインターフェース設計で、初心者でもすぐにうまく使えるようになります。
  3. 豊富なベクターのデータフロー図記号を無料で入手できます。
  4. DFDの作成をすばやく始めるのに役立つ既製のテンプレートも無料で利用、編集可能です。
  5. ワンクリックで、PNG、PDF、PPT、Htmlなどの形式でエクスポートでき、共有しやすいです。

プロなデータフロー図記号

このLinux対応のDFDツールはデータプロセス、状態、開始状態、外部エンティティ、特権境界、データストア、エンティティ関係、コネクタなどのデータフロー図を描くために必要な記号をご用意しています。すべてのデータフロー図記号はベクターで、無料で利用でき、サイズ、色などを自由に編集することも可能です。

データフロー図記号

LinuxでDFDの作り方

以下は、Linuxでデータフロー図を作成するための方法を5ステップで簡単に解説します。

  1. Edraw DFDツールを開きます。「ファイル」タブをクリックし、「新規作成」をポイントします。さらに「フローチャート」におけるデータフロー図のアイコンをダブルクリックします。
  2. データフロー図の記号を追加します。 作図ページの左側におけるライブラリから必要のデータフロー図記号をドラッグアンドドロップします。
  3. データの流れを示します。 図形ライブラリにおけるコネクター記号を使って、それぞれの記号を接続して、データの流れを表示します。
  4. DFDにテキストコンテンツを追加します。 図形をダブルクリックし、テキストを入力します。
  5. データフロー図を保存、エクスポートします。「保存」をクリックして、ファイルをデフォルトのeddx形式で保存します。それとも、「名前を付けて保存」や「保存と送信」により、jpg、png、pdf、htmlなどの他の形式にエクスポートします。

DFDの作り方の詳しくはこちら:データフロー図の書き方

無料なデータフロー図サンプル

以下は、Linux用のデータフロー図ツールで利用可能なデータフロー図の実例とサンプルです。これらのテンプレートから迅速に始め、高品質のデータフロー図を得るのは楽になります。もっとデータフロー図の例を見ましょう。

在庫管理データフロー図:

在庫管理データフロー図

図書館管理データフロー図:

図書館管理データフロー図

もっと見る

フローチャートツール-Linux

BPMNモデリングツール-Linux

始めましょう!きっとあなたの愛用ソフトになる!

Edraw Max は多用途の作図ソフトです。フローチャート、組織図、マインドマップだけでなく、ネットワーク図、フロアプラン、ワークフロー図、服装設計、UML 図、電子工学図、科学イラスト、及びチャートとグラフなどのよく使われる図表を作成できます。