PID とは - 配管計装図の基本事項

P&ID とは、配管計装図も呼ばれ、標準な専用記号で配管プロセスと他の機器や計測器との相互作用を示すダイアグラムです。工業プロセスを示す場合によく使われます。

配管計装図は、プロセスを制御するためのプロセスの相互作用を示すことによって、プロセスプラントと配管システムについての設計とエンジニアリングにおいて重要な役割を果たします。P&IDは、配管、計装およびシステム機器のコンポーネントの機能的関係の概略図です。

PFDとP&ID の違い

計測の詳細は、設計の複雑さの程度によって異なります。例えば、デザインを簡略化や概念化にすることはプロセスフロー図(PFD)と呼ばれることが多いです。設計や概念設計では、完全に開発された配管計装図(P&ID) より、PFDには詳細なことが少ないのです。それによって、PFDはプロセスの仕組みを理解するためにのみ使用される一方、P&IDは、配管、計装およびシステム機器のコンポーネントの機能的関係を具体的に示します。

PFDとP&ID

P&ID 記号について

PIDをより深く理解するには、配管計装図で使用されている記号を解読する必要があります。

アルファベットと数字の組み合わせは各グラフィック要素の内側に表示され、アルファベットの組み合わせはISA 規格で定義されます。番号はユーザーに割り当てられ、スキームは異なります。一部の企業はシーケンシャルナンバリングを使用しており、他の企業はプロセス番号に機器番号を結びつけており、またユニークで時にはあまり見かけないナンバリングシステムを採用している企業もあります。解析(A)、流れ(F)、温度(T)など頭文字で測定や開始変数を定義します。インジケータ(I)、レコーダ(R)、送信機(T)など後続の文字で読み出し、受動的、または出力関数を定義します。

以下はアルファベット付きのPID 記号の一覧です。

アルファベット付きのPID 記号

P&ID に必要とする/しないものとは?

P&ID テンプレート

P&IDは、プロセス産業において使用されてよく見られる用語です。製造会社のプロセスエンジニアは、現存するP&IDをプラント改造のために新規作成および/または修正する必要があります。すべての化学工学および関連工学の学生は、それについて学んだり、少なくとも聞いたことがあります。P&IDは、施設の設計、構築、作動に必要なハードウェアとソフトウェア(配管、機器、計装など)を含むプロセスの詳細なグラフィック表現です。

P&ID に必要のもの:

P&ID に必要のないもの:

PID の役割

PID により、配管システムによって相互接続された産業プロセス機器の視覚的表現が提供されます。それには以下の9つの役割を果たします。

  1. 全員に計測器のプロセスを明らかにする。
  2. プロセス中に発生するすべての関連操作のシーケンスを表し、分析可能な情報を含む。

  3. プロセスの範囲を特定することを助ける。

  4. 材料に起こることを提示する。

  5. デザインに組み込まれた仕様、標準、詳細を統合する。

  6. チームワークとコミュニケーションを促進する。

  7. 主要設備、プロセスライン、主制御ループの配置図をグラフィカルに表示する。

  8. プロセスで継続的に使用されるユーティリティを改善する。

  9. 建設材料に関するすべての詳細を掘り下げる。

PID 図の作成方法

PIDを作成する最も簡単で便利な方法は、Edraw PID 図のテンプレートから始めることです。

P&ID 記号を図面ページにドラッグし、配管でバルブと計器などを接続します。

装置、配管、バルブ、計器の周りにテキストを追加することで、配管計装図をよりわかりやすくすることができます。

もっと見る

P&ID図面の読み方

PID 作成ソフト

PID 図の作成方法

PID 記号レジエンド

PID 図実例

PFD 作成ソフト

PFD 実例

PFD 記号

始めましょう!きっとあなたの愛用ソフトになる!

Edraw Max は多用途の作図ソフトです。フローチャート、組織図、マインドマップだけでなく、ネットワーク図、フロアプラン、ワークフロー図、服装設計、UML 図、電子工学図、科学イラスト、及びチャートとグラフなどのよく使われる図表を作成できます。

Top