SWOTで自己分析を容易にしよう

就職活動や自己改善のために、自己分析を行うのは重要で不可欠なことです。SWOT分析は自己分析に当てはめる手法の一つです。この記事で、SWOTで自己分析を進むためのガイドについてご紹介します。

SWOT分析とは

SWOT分析とは、目標を達成するための意思決定や戦略立案などが必要とする場合に、組織(企業、会社など)や個人が、「強み(Strength)」、「弱み(Weakness)」、「機会(Opportunity)」、「脅威(Threat)」の4つの方面から、自分のことを評価、分析する手法です。

SWOTで自己分析をする

すべての人は 「ブランド」のように、自分自身を改善し、自己PRをするために自己分析が必要です。自分の強み、弱み、チャンス、脅威やリスクなどを明らかにして、個人のSWOT分析を実行することは、就活や自己改善などの目標を達成するための行動計画を決定するのに役立ちます。SWOT分析を活用して、自己分析を実行する方法は以下の通りです。

1. まずは、自分の経歴、性格、能力などいろいろなことを考慮して、自分の強み、弱み、機会、脅威を洗い出して書きます。

強み

あなたの強みを見つけるように、競争の激しい市場でブランドとして考えてください。「あなたのセールスポイントは何でしょうか?」「顧客の要求は何ですか?」とかの質問を自分にしてみましょう。個人的な強さは、製品としてのあなたの資産であり、インタビューや他の目標を達成しようとするときに他人から目立つ方法として使用することができます。強みの例:強力なプロジェクト管理スキル、外国語の習熟、大規模な聴衆へのプレゼンテーションの経験と訓練、成功した販売能力の証明、性格が明るくてコミュニケーション力を持つなど。

弱み

完璧な人はいません。短所への無意識は迷惑になり、失敗につながる可能性があります。競争市場における他の製品(人)と比べると、あなたが負けることは何ですか?今まで克服できないことは何ですか?弱みの例:経験不足、何か専門スキルに乏しい、性格上のネガティブところなど。

機会&脅威

強みと弱みとは自分自身の内部要素であり、機会と脅威とは外部環境からの要素です。社会や業界の流れ、変化、発展の可能性、また競争相手との比較などはあなたにとっては機会になりますか?それとも脅威ですか?機会の例:需要の増加、新たなものの盛りなど;脅威の例:代替ものの大量使用、他人からの競争など。

2. 次は以上のことをSWOT図でまとめます。

以下は自己分析のSWOT分析の例で、ご参照ください。

自己分析 SWOT分析

この自己分析のSWOT図をダウンロードする:
  1. PDF形式
  2. EDDX(編集可)

3. 最後に、目標を照らし合わせ、結論を出します。

自己分析の最初の目的に戻ります。自己改善をすること、就職活動などの自己PRをすること、それとも他の何かの目的ですか?自己改善なら、弱みに焦点を合わせる必要があります。就活などにおける自己PRなら、「強み」を伸ばし明らかに表現し、「機会」をしっかりつかんでください。さらに「脅威」を克服するため、弱みを改善します。また、注意すべきこともあります。強み、弱み、機会、脅威などは永久に変わらないことではありません。目標に応じて、弱みは強みに、脅威は機会に変化する可能性もあります。

まとめ

強み、弱み、機会、脅威の4つの方面から分析するSWOT分析手法は、自己をよりはっきりと認識するのに役立つ有力なツールです。就活や自己改善、自己PRなどに迷ったときやうまく進めないときは、SWOT分析をお試してみてください。

もっと見る

SWOT分析事例

無料のSWOT分析テンプレート

マトリックス図の例

これを使えば就活が必勝!自己分析にマインドマップの活用

始めましょう!きっとあなたの愛用ソフトになる!

Edraw Max は多用途の作図ソフトです。フローチャート、組織図、マインドマップだけでなく、ネットワーク図、フロアプラン、ワークフロー図、服装設計、UML 図、電子工学図、科学イラスト、及びチャートとグラフなどのよく使われる図表を作成できます。

Top