ホーム

FTAとは何 - フォールトツリー解析を簡単に説明

FATはシステムなどの不具合の原因を分析し、未然の改善を助けるためによく使われる効果的な手法です。この記事で、FTAの意味、使う理由、やり方から、故障の木解析を詳しく説明します。これを読んでから、課題解決ためのフォールトツリー解析を簡単に実施するようになります。

FTAとは何か?

FTAとは、フォールトツリー解析(Fault Tree Analysis)の略語で、故障の木解析とも呼ばれます。特定の望ましくないイベントから始め、それにつながる因果関係をツリーの形で分析し、トップダウンタイプの確率的リスクアセスメントツールを指し、その視覚化の表現はFT図(Fault Tree Diagram)というものです。FT図のトップにおけるイベントは上位事象といい、通常はシステムの機能喪失、性能低下、安全性又は他の重要な運用上の特性劣化などのことです。FTAを行うことで、様々な不具合の発生確率を把握でき、その要因を洗い出して、未然の改善に役立ちます。

FTA 例

FTAの基本記号

FTAを実行するために、統一された基本の記号が必要です。FTAの基本記号には、ANDゲート、ORゲート、制約ゲートなどの論理記号と、基本事象、否展開事象、条件付き事象などの事象記号が含まれています。FTA基本記号の意味や、使い方などは、フォールトツリー解析図記号でご覧ください。

FTA 記号

なぜFTAを使うのか?

なぜFTAを使って、要因分析を実行しますか?原因といえば、やはり冒頭で述べた「不具合の発生確率を把握でき、その要因を洗い出して、未然の改善に役立つ」ということにあります。深く考えてみると、それは以下のように様々な利点をもたらすことができますから。

いつFTAを使うのか?

フォルトツリー解析は、新しい製品/サービスの設計と既存の製品/サービスの特定された問題の処理の両方にも役立ちます。品質計画プロセスでは、FTAを使用してプロセスの機能と目標を最適化し、故障や問題につながる可能性がある潜在的な要因や人為的なエラーに焦点を合わせます。問題が起こる前に対策をとれるように、FTAを活用することが求められます。

FTAをどのように実行するのか

フォルトツリー解析を行う一般的な手順は、分析対象を特定することから始まります。主には以下のサブプロセスが含まれています。

1. 解析対象(システム)を明確します。望ましくないイベント(不具合、故障、事故など)を上位事象として特定します。

2. 要因を見つけます。上位事象の発生につながる可能性のある要因事象を系統的に、漏れや重複がないように抽出して、列挙します。

3. FT図の作成に取りかかります。論理記号とコネクターを使って、上位事象と要因事象を論理的に接続します。上位事象、他の事象(中間事象)、基本事象をトップからボトムまで配置ます。

4. フォールトツリーの定量解析をします。基本事象の発生確率を「非常に高い」、「高い」、「低い」などのレベルで分析し、さらに、下位事象の発生確率とその因果関係から上位事象の発生確率を求めます。

5. 対策を検討して改善します。原因を見つけることは最終的な目標ではありません。FTAを行う目的は、実際に問題を解決して、障害を取り除くことです。ブレーンストーミングを使用して、各重大な障害の根本原因に対処する行動、解決策を検討して、故障や不具合を改善します。

フォールト ツリー解析図の作成方法で具体的なFTAのやり方を見ましょう。

もっと見る

FT図作成ソフト

フォールトツリー解析図記号

故障の木解析事例

無料のFTAテンプレート

始めましょう!きっとあなたの愛用ソフトになる!

Edraw Max は多用途の作図ソフトです。フローチャート、組織図、マインドマップだけでなく、ネットワーク図、フロアプラン、ワークフロー図、服装設計、UML 図、電子工学図、科学イラスト、及びチャートとグラフなどのよく使われる図表を作成できます。