簡単かつ高速なワークフロー図の作り方

Edraw Max ワークフロー図プログラムで、ワークフロー図をラクラクと作成します。自動生成、自動接続機能が搭載されて、スマートな描画ツール、及びありあわせの記号と多くの無料のワークフロー図サンプルも提供されています。このチュートリアルを読んでから、初心者にもすぐワークフロー図を上手に作り出すようになります。

ワークフロー図テンプレートを開く

空白のキャンバス及びワークフロー図の作成に必要な図形を含むライブラリを開きます。

ファイルタブにおける「新規作成」をポイントします。-> フローチャートを選んで、そしてワークフロー図アイコンをダブルクリックします。

ワークフロー図テンプレートを開く

ワークフロー図形を添加

ワークフロー図形ライブラリから必要とする図形をキャンバスにドラッグ&ドロップします。緑の方形のハンドルをドラッグしてから、サイズを調節できます。

ワークフロー図形の添加

ホームメニューにおける同じサイズツールを通じて、いくつかの図形をすぐに同じサイズに設定できます。

図形を同じサイズする

ワークフロー図を接続

内蔵のワークフロー図形に、4つの接続ポイントと4つの自動接続対応のサスペンションボタンが設計されておきます。近くの図形を指すサスペンションボタンをクリックしてから、コネクターの矢印が出て、2つの図形を接続するようになります。

ワークフロー図の自動接続

ホーム」メニューにおける「コネクタ」ツールを使用して、手動で図形を接続することもできます。

もう一つの方法は、図形ライブラリにおける矢印コネクターを使うことです。

ワークフロー図の手動接続

背景を設定

背景を追加することはページレイアウトにできます。

背景設定

ワークフロー図の内容を入力

ワークフロー図の内容入力

ワークフロー図のテーマを変更

ワークフロー図のテーマが変更されると、一回クリックで塗りつぶし、線、テキストのスタイルが全体で変わります。

ページ レイアウト」タブに切り替えて、他のテーマを選択できます。

ワークフロー図のテーマ変更

ワークフロー図を保存/エクスポート

ファイルタブにおける保存をクリックして、ワークフロー図をシステム設定で保存します。名前を付けて保存によりほかの方式で保存します。

コンピューター自身や個人クラウドに保存することも可能です。このほか、チームクラウドに保存すれば、他の人と共有することができます。

ワークフロー図の保存

ファイルにおける保存と送信をクリックすると、ワークフロー図を図面、MS ファイル、PDFなどの形式で保存するようになります。

ワークフロー図のエクスポート

ワークフロー図を印刷

ワークフロー図のプレビュー

ダイアグラムのページが印刷紙より大きい場合は、ダイアグラムが1枚以上で印刷されてくるようになります。1枚だけでいいなら、「そのほかの印刷設定... 」をクリックして、自動調整を選択します。

ワークフロー図の印刷

ワークフロー図の作成についてより視覚的で詳しく了解するように、たくさんのワークフロー図実例及びワークフロー図記号も用意されています。アイデアを見つけて、さっさとワークフロー図の作業を行い始めましょう。

ダウンロードして、無料にお試していただけませんか。

Windows バージョンをダウンロード Mac バージョン Linux バージョン
Top