超入門のUML 図の書き方-初心者にも

Edraw Max UML プログラムで、プロなUML 図をラクラクと作成します。総合な設計された記号、及び参考とすることができるテンプレートを介して、経験なしの初心者にもさっさとUML 図の作業を行い始めます。

ここで、UML 図を作成する超入門の方法が説明されています。これを読んでから、初心者にも少し工夫してプロなUML 図を作り出すことが難しくなくなります。

UML 図テンプレートを開く

空白のキャンバス及びUML 図の作成に必要な図形を含むライブラリを開きます。

ファイルタブにおける「新規作成」をポイントします。-> ソフトウェアを選んで、そしてUML モデル図アイコンをダブルクリックします。

UML 図テンプレートを開く

UML 図形を添加

UML 図形ライブラリから必要とする図形をキャンバスにドラッグ&ドロップします。緑の方形のハンドルをドラッグしてから、サイズを調節できます。

UML 図形の添加

UML 図形を接続

UML 図形ライブラリからコネクターをドラッグして二つの図形を接続します。図形の間に特別の関係がある場合は、関係図形ライブラリにおけるコネクターをご利用できます。

UML 関係図形

ホームタブにおけるコネクターをクリックします。-> 1種のコネクターを選びます。->内蔵のデータフロー図形にコネクションポイント コネクションポイント が設定されておくので、自動接続可能です。コネクターのスタートポイントを一つの図形のコネクションポイントにドラッグして、赤くなると、接続済みと示します。続いてエンドポイントを他の図形のコネクションポイントにドラッグして、同様に、エンドポイント赤になると、図形が接続されているようになります。

UML 図形の接続

UML 図形をデザイン

ホームメニューにおけるスタイルツールを通じて、さっさと図形の色や外観を変更します。

UML 図形のデザイン

同様に、キャンバスの右側にある塗りつぶし及び直線ツールで図形をデザインすることも可能です。

UML 図をレイアウト

UML 図のレイアウト

UML 図の内容を入力

UML 図の内容入力

UML 図のテーマを変更

UML 図のテーマが変更されると、一回クリックで塗りつぶし、線、テキストのスタイルが全体で変わります。

ページ レイアウト」タブに切り替えて、他のテーマを選択できます。

UML 図のテーマ変更

背景を設定

背景を追加することはページレイアウトにできます。

背景設定

UML 図を保存/エクスポート

ファイルタブにおける保存をクリックして、UML 図をシステム設定で保存します。名前を付けて保存によりほかの方式で保存します。

コンピューター自身や個人クラウドに保存することも可能です。このほか、チームクラウドに保存すれば、他の人と共有することができます。

UML 図の保存

ファイルにおける保存と送信をクリックすると、UML 図を図面、MS ファイル、PDFなどの形式で保存するようになります。

UML 図のエクスポート

UML 図を印刷

UML 図のプレビュー

ダイアグラムのページが印刷紙より大きい場合は、ダイアグラムが1枚以上で印刷されてくるようになります。1枚だけでいいなら、「そのほかの印刷設定... 」をクリックして、自動調整を選択します。

UML 図の印刷

UML 図の作成についてより視覚的で詳しく了解するように、たくさんのUML 図実例及びUML 図記号も用意されています。アイデアを見つけて、さっさとUML 図の作業を行い始めましょう。

ダウンロードして、無料にお試していただけませんか。

Windows バージョンをダウンロード Mac バージョン Linux バージョン
Top