クリックだけで自動生成!超簡単なフローチャートの書き方

数回のクリックだけでフローチャートを自動生成することは可能です。超簡単なフローチャートの書き方をご紹介します。これを読んでから、初心者もプロなフローチャートを楽と作成できるようになります。

フローチャートについて

フローチャートは、基本処理の長方形、条件分岐処理の菱形、流れの矢印などの標準記号を介して、データ、情報の流れ、問題解決の手順、処理システム、アルゴリズムやプロセスなどを分かりやすく図解するもので、流れ図ともいえます。それは、プログラムの設計と開発、業務フローの設計、課題解決、品質管理などのために愛用されます。

フローチャートの作成は、定義されたルールに従わなければならないわけではないけど、JIS規格で定められている標準フローチャート記号を使用することも必要です。さらに、フローチャートの作成にはいくつの注意点があります。

  1. 流れの始まりと終わりを明記する必要があります。
  2. プロセスの流れ方向は、原則として、上から下へ、左から右へ、となります。それに逆行する場合は、矢印をつけて表示します。
  3. 接続線の交差はしてはいけないのです。

フローチャートの書き方

フローチャートの作成は、一般的に以下の手順で行われます。

  1. 表示したいもの(業務フロー、処理システム、作業の段取りなど)のプロセスを整理する。
  2. フローチャートの作成に着手する。
  3. できたフローチャートをチェックする。
  4. フローチャートの出来上がりを保存、エクスポート、印刷、共有する。

以下はEdrawを使ってフローチャートを作成する方法を8つのステップで詳しく説明します。

1.フローチャートに表示したいものを整理する

まずは、フローチャートに表示したいもののプロセスを洗い出して整理します。どこから始まり、どのような流れで行い、どこまで終わり、その中には判断、分岐、反復があるのか、フローチャートのだいたいのことを明らかにする必要があります。

2.Edrawフローチャート作成ソフトを起動する

Edraw を起動して、ファイルタブにおける「新規作成」をポイントします。フローチャートツールを選んで、そして基本フローチャートをダブルクリックします。

フローチャート作成ソフトを開く

3.フローチャート記号を追加する

フローチャートの作図ページを開くと、左側にフローチャートの標準記号ライブラリも自動に表示されます。ライブラリから、開始の記号をページにドラッグ&ドロップします。図形上の緑の方形のハンドルをドラッグしてから、サイズを調節できます。 記号の色を変更するには、ショートメニューにおけるスタイルをポイントしてよろしいです。

フローチャート記号を追加する

次は、もっとフローチャートを自動に生成することができます。

  1. 開始記号をポイントすると、周囲に4つのアローが現れてきます。このアローをポイントすると、対応方向にもう一つの同じな図形を生成します。
  2. 新たな図形上のアクションボタンをクリックすることで、他の基本記号に変更することができます。<
  3. ショートメニューのボタンを介して、他の基本記号に変更することもできます。
  4. 基本記号以外のフローチャート記号に変えるには、ホームメニューにおける「図形の置換」ボタンを利用することも可能です。

フローチャート記号を追加する

4.フローチャート記号を接続する

Edrawフローチャートツールはフローチャートを自動生成することは、フローチャート図形を自動接続することを意味します。以上のステップで生成されたフローチャートは自動に接続されておくのです。自分でフローチャートを接続したい場合は、コネクタツールを利用してください。直角コネクター、曲線コネクター、直線コネクター、自在曲線などをご利用いただけます。繰り返しの操作を少なくするため、ワンクリックですべてのコネクターを変更することも可能です。ページレイアウトタブに切り替えて、用意された様々なコネクターのタイプからお気に入りのを選んでよろしいです。

フローチャート図形の接続

フローチャー図形の自動接続

ビデオでフローチャートの自動接続機能を見ましょう

5.フローチャートコンテンツを入力する

フローチャートの記号を追加する同時に、開始、判断、分岐、プロセスの図形が表示するそれぞれの情報を入力する必要があります。これらの情報は最初に整理しておくものです。フローチャートにテキストを入力するには、図形をダブルクリックするだけで可能です。テキストフォントや色の設定はショートメニューを介して簡単にできます。

フローチャートのコンテンツを入力する

6. フローチャートをチェックする

フローチャートのデザインがだいたい完成したら、出来上がりとして使う前に、その正確性を確認する必要があります。以下のポイントを従って、フローチャートをチェックしてください。

7.フローチャートをよりきれいに

フローチャートの正確性を確認してから、それをきれいにするため、レイアウトや配色をカスタムすることができます。テーマの変更を利用して、フローチャートにおける塗りつぶし、線、テキストのスタイルを一回で全体変わります。

フローチャートのテーマの変更

8.フローチャートをエクスポート、共有、印刷する

フローチャートの出来上がりをJPG、PDF、オフィスファイル、SVG、Visioなど様々な形式にエクスポートして保存できます。プレゼンテーションなどに使いやすいです。

フローチャートをエクスポートする

Edrawは、クラウド保存と共同作業もサポートします。フローチャートをチームクラウドに保存すると、仕事チームのメンバーの全員がそれを見え、情報を取ることができます。情報共有、協力交流などに役に立ちます。

フローチャートを共有する

ファイルタブをクリックして、印刷を選んでから、フローチャートのプレビューが自動的に表れてきます。プレビューの下にあるページの矢印で、すべてのページをチェックできます。ダイアグラムのページが印刷紙より大きい場合は、ダイアグラムが1枚以上で印刷されてくるようになります。1枚だけでいいなら、「そのほかの印刷設定... 」をクリックして、自動調整を選択します。

フローチャートを印刷する

さあ、Edrawフローチャート作成ソフトをダウンロードして、フローチャートを簡単に作成しましょう。

Windows バージョンをダウンロード Mac バージョン Linux バージョン

もっと見る

フローチャート実例

フローチャートテンプレート

面白いフローチャート-12選

始めましょう!きっとあなたの愛用ソフトになる!

Edraw Max は多用途の作図ソフトです。フローチャート、組織図、マインドマップだけでなく、ネットワーク図、フロアプラン、ワークフロー図、服装設計、UML 図、電子工学図、科学イラスト、及びチャートとグラフなどのよく使われる図表を作成できます。

Top