Edraw でフローチャートを効率的に作成する

フローチャート作成ソフトでユニークで見栄え良いフローチャートをラクラクと作成しましょう。自動生成、自動接続、簡単な書式設定など高性能が搭載されて、少し工夫して製図作業は完了できます。

Edraw フローチャートプログラムを利用して、フローチャートの作成はかなり簡単なことになります。デザインされた記号及び多くの無料のテンプレートが内蔵されるため、時間かかって手動で描画する必要はありません。どうやって素敵なフローチャートを効率的に作成するのか、さあ、次のチュートリアルで見てみましょう。

フローチャートテンプレートを開く

まずは、空白のキャンバス及びフローチャートの作成に必要な図形を含むライブラリを開きます。ファイルタブにおける「新規作成」をポイントします。->フローチャートを選んで、そして基本フローチャートをダブルクリックします。

フローチャートテンプレートを開く

フローチャート図形を添加

左側におけるライブラリから、キャンバスに図形をドラッグ&ドロップします。自動に現れたダイナミックな青いガイドラインを介して、図形を整列します。-> 緑の方形のハンドルをドラッグしてから、サイズを調節できます。

フローチャート図形の添加

フローチャート図形をデザイン

ホームメニューにおけるスタイルツールを通じて、さっさと図形の色やアウトラインを変更します。

フローチャート図形のデザイン

フローチャート図形を接続

サスペンションボタンをクリックして二つの図形の間のコネクターを形成します。こういう方法で図形は自動的に接続されているようになります。図形が整列すると、直線コネクターが現れてそれらを接続します。そうでなければ、その代わりに直角コネクターが現れます。右クリックして、コネクターのタイプを変更できます。

フローチャー図形の自動接続

その他、ホームタブにおけるコネクターツールを通じて、図形を手動に接続することもできます。直角コネクター、曲線コネクター、直線コネクター、自在曲線などをご利用いただけます。

ビデオでフローチャートの自動接続機能を見ましょう

繰り返しの操作を少なくするため、ワンクリックですべてのコネクターを変更することも可能です。ページレイアウトタブに切り替えて、用意された様々なコネクターのタイプからお気に入りのを選んでよろしいです。

フローチャート図形の接続

フローチャートの内容を入力

図形をダブルクリックしてテキストを入力します。 -> Ctrl + 2 キーを押して、もっとテキストボックスを追加します。Ctrl + シフト+ 2 キーを押してテキストボックスを調整します。 ->ホームタブにおける様々なフォントからお気に入りのを選びます。それぞれに対応するメニューをクリックしてテキストのサイズ、色、揃えなどをカスタマイズします。フォントメニューの右下隅における矢印をクリックして、もっと段落設定をご利用いただきます。

フローチャートの内容入力

フローチャートのテーマを変更

フローチャートのテーマが変更されると、一回クリックで塗りつぶし、線、テキストのスタイルが全体で変わります。「ページ レイアウト」タブに切り替えて、他のテーマを選択できます。

フローチャートのテーマの変更

以下の通りに、テーマの色、フォント及び効果もそれぞれに変更可能です。

テーマの色&フォント&効果の変更

フローチャートを保存/エクスポート

ファイルタブにおける保存をクリックして、フローチャートをシステム設定で保存します。名前を付けて保存によりほかの方式で保存します。コンピューター自身や個人クラウドに保存することも可能です。このほか、チームクラウドに保存すれば、他の人と共有することができます。

フローチャートの保存

ファイルにおける保存と送信をクリックすると、フローチャートを図面、MS ファイル、PDFなどの形式で保存するようになります。

フローチャートのエクスポート

フローチャートを印刷

フローチャートのプレビュー

ダイアグラムのページが印刷紙より大きい場合は、ダイアグラムが1枚以上で印刷されてくるようになります。1枚だけでいいなら、「そのほかの印刷設定... 」をクリックして、自動調整を選択します。

フローチャートの印刷

フローチャートの作成についてより視覚的で詳しく了解するように、たくさんのフローチャート記号及びフローチャート実例も用意されています。アイデアを見つけて、さっさとフローチャートの作業を行い始めましょう。

ダウンロードして、無料にお試していただけませんか。

Windows バージョンをダウンロード Mac バージョン Linux バージョン
Top